beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ジルの“スコーピオンシュート”がプスカシュ賞を受賞!プレゼンターは元C大阪FW

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディエゴ・フォルランからトロフィーを受け取るオリビエ・ジル

 国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンで『ザ・ベストFIFAアワード2017』を開催し、アーセナルフランス代表FWオリビエ・ジルがプスカシュ賞を受賞した。

 プスカシュ賞とは、最も優れたゴールを決めた選手に贈られる賞。ジルは今年1月1日に行われたプレミアリーグ第19節クリスタル・パレス戦で決めた圧巻の“スコーピオンシュート”が選ばれた。なお、プレゼンターにはかつてセレッソ大阪でプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが務めていた。

 チームを2-0の勝利に導く元日の“おめでたい”ゴールでプスカシュ賞を受賞したジルは、英『スカイ・スポーツ』によると、「受賞できたのはとても光栄なことだ。レジェンドたちを前にして、今日このトロフィーを受け取ることができて嬉しい。僕に投票してくれたみんなに感謝したい。すばらしいゴールを決めた他の10人の候補者たちにもおめでとうと伝えたい。もちろん、チームメイトたちにも感謝したい。彼らなしにはあのゴールは成り立たなかった。それから家族にもね」とセレモニーで喜びを述べた。



●プレミアリーグ2017-18特集

TOP