beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森岡亮太が代表復帰の祝砲含む全2点に絡む!!今季14戦7G7Aと絶好調でブラジル&ベルギー戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

全2ゴールに絡んだMF森岡亮太

[11.4 ベルギーリーグ第14節 ベフェレン2-0ムスクロン]

 ベルギーリーグ第14節が4日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンはホームでムスクロンと対戦し、2-0で勝利した。開幕14試合連続スタメンの森岡はトップ下でプレーし、前半25分に先制点を記録。今季7ゴール7アシストとすると、後半16分には追加点の起点にもなり、全2ゴールに絡む活躍で日本代表の欧州遠征に弾みをつけた。

 先月31日に今月10日のブラジル戦(リール)、同14日のベルギー戦(ブルージュ)に臨む日本代表メンバーが発表され、森岡はアギーレジャパン時代の14年11月以来、約3年ぶりの代表復帰。ハリルジャパンでは初招集となった。

 新天地のベルギーで高いパフォーマンスを見せ続ける森岡は、前半25分に代表復帰の祝砲となる先制ゴールを奪取。早いリスタートから左サイドのDFエアディン・デミルにボールがつながると、デミルが左足で送った鋭いクロスにPA内中央の森岡がヘディングで合わせ、ゴール左に叩き込んだ。

 森岡は10月25日の第12節コルトライク戦(2-1)以来、2試合ぶりの得点を挙げ、今季7ゴール目。1-0で迎えた後半16分には相手のCKを防いだ流れから森岡がルーズボールを拾い、右サイドに展開する。受けたデミルがFWアレクサンダル・ボリェヴィッチとのパス交換からPA内中央に進入し、ワンタッチで左横へ落とすと、大外から走り込んだMFオポク・アンポマーが右足で豪快にゴール右へ蹴り込み、リードを2点に広げた。

 その後も優勢に試合を進め、2-0で逃げ切ったベフェレン。後半アディショナルタイム2分までプレーした森岡は全2ゴールに絡む活躍を見せ、チームの2試合ぶりとなる白星に貢献した。

●海外組ガイド

TOP