beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ノイアーがいなくても大丈夫!? カーン氏が期待寄せるGK

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

 元ドイツ代表GKのオリバー・カーン氏は、バルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンであれば、バイエルンGKマヌエル・ノイアーの代役を完璧にこなすことができると太鼓判を押している。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えた。

 ノイアーは左足中足骨の手術を受け、復帰は来年1月だと報じられているが、カーン氏は「伝統的に、ドイツにはとても良いGKが揃っている。たとえ正GKがいなくなったとしてもね」と答えている。

 以下はモナコで行なわれた「ゴールデン・フット・ハブロット・アワード」での『オムニスポーツ』の取材に答えたものだ。

「10年(南アフリカW杯)のときは、レネ・アドラーが正GKになると思われていたが、負傷によって出られなくなり、ノイアーが台頭したんだ。だから、テア・シュテーゲンにも期待したい。もし、ノイアーが間に合わなかったとしても、彼なら良いW杯にしてくれるはずだよ」

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●ブンデスリーガ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP