beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]都道府県予選マッチレポ、PHOTO NEWS特集(北海道・東北)

このエントリーをはてなブックマークに追加
【第96回全国高校サッカー選手権】

【北海道】
[決勝](10.29)
旭川実高 3-0 北海道大谷室蘭高

[準決勝](10.28)
北海道大谷室蘭高 2-1 札幌光星高
▼MOM
北海道大谷室蘭FW村上悠緋(2年)_3戦連発で決勝進出に貢献!非凡なセンス光る2年生エース
▼PHOTO NEWS
夏冬制覇まであと1勝…北海道大谷室蘭、2年生エースのV弾で札幌光星に逆転勝ち

[準決勝](10.28)
駒大苫小牧高 0-1 旭川実高
▼MOM
旭川実FW山崎蒼太(3年)_絶望的な大怪我から間に合った!復帰戦で値千金の決勝弾
▼PHOTO NEWS
インハイ全国8強の旭川実が劇的勝利!駒大苫小牧に1-0勝利で2年連続ファイナルへ


【青森】
[決勝](10.22)
青森山田高 11-0 八戸学院野辺地西高
▼MOM
青森山田MF郷家友太(3年)_圧巻4発!!高橋壱晟に続いて「優勝した時の10番」に
▼雑感
強みを出すことにこだわる時期。2発の青森山田FW中村「駿太が来てくれて良かった」と仲間が思うような結果を
全国連覇へ。“歴代最高”の後継ぐ主将、青森山田CB小山内「自分がどうチーム作りしていくかが大事」
2得点の2年生MF檀崎はさらなる成長誓う。「山田の10番を背負えるようなプレーヤーに」
▼PHOTO NEWS
4試合44得点1失点で青森21連覇達成。王者・青森山田が全国へ
青森決勝で怒涛の11発。青森山田はMF佐々木、MF瀬尾、MF浦川もゴール
青森山田の次期10番候補、MF檀崎が2ゴール
選手権の“主役候補”。青森山田の神戸内定MF郷家友太が青森決勝で圧巻4発!
自分らしくゴール前で勝負。青森山田の山形内定FW中村駿太が2ゴールで自身初の選手権全国へ
昨年度の日本一メンバー、青森山田CB小山内主将は謙虚にチームを支える
決勝では苦杯喫するも、八戸学院野辺地西を牽引した10番FW中山主将
前半は青森山田に食い下がるも、後半突き放された八戸学院野辺地西は青森準Vに


【岩手】
[決勝](11.5)
遠野高 3-2 盛岡商高
▼MOM
遠野MF立花健斗(2年)_全国導く決勝ミドル!盛岡を離れ遠野を選んだアタッカーが練習の成果を披露
▼PHOTO NEWS
立花健斗がスーパーV弾!遠野が盛岡商との延長戦を制して5連覇


【宮城】
[決勝](11.4)
仙台育英高 1-0 東北学院高
▼MOM
仙台育英DF後藤万輝(3年)_高さ勝負に滅法強いDFが決勝の舞台で大仕事
▼PHOTO NEWS
ロングスローから決勝弾の仙台育英、5年ぶりの全国へ!東北学院は30年ぶりの悲願叶わず


【秋田】
[決勝](10.28)
秋田商高 3-0 新屋高

[準決勝](10.26)
秋田商高 6-1 大曲工高
▼MOM
秋田商MF伊藤颯(3年)_左足FK弾含む2発!「左の伊藤」はドリブル、ワンツーでテンポ変える
▼雑感
蹴って、投げて、跳ぶ司令塔。秋田商MF出口がロングスローで同点弾演出し、頭で決勝ゴール
▼PHOTO NEWS
秋田商が3連覇に王手。県決勝、そして全国大会で勝利し、「歴史を変える」
秋田商は県準決勝で6発。10番FW田近、MF松野竜、FW鈴木宝もゴール
秋田商のゲームメーカー、出口がロングスローで同点弾演出、そして決勝ヘッド
秋田商は技巧派レフティー・MF伊藤颯がFK弾含む2発
大曲工は左SB久米がサイド打開し、FW鈴木広光が電光石火の先制ゴール
先制し、守備意識高く戦った大曲工、逆転負けも堂々の秋田3位

[準決勝](10.26)
新屋高 2-0 秋田工高
▼MOM
新屋MF保坂広太(2年)_周囲も認める努力の成果。決勝へ導く2発!
▼雑感
全国狙う新屋のキーマン。2年生ボランチMF松橋が見せた好パスと広範囲に渡る守備
▼PHOTO NEWS
パススタイルで秋田制覇目指す新屋、3年ぶりの全国へ王手
秋田決勝進出の新屋で一際目立つ背番号15。2年生MF松橋が攻守で大車輪の働き
新屋最終ラインの高き砦、CB石山が空中戦で圧倒
新屋は努力のアタッカー、保坂が秋田準決勝で2発!
秋田工の中盤で存在感放った2年生ゲームメーカー、MF石井俊輔
青く染まったスタンドの応援を力に、決勝進出を目指した秋田工


【山形】
[決勝](10.28)
羽黒高 2-1(延長)日大山形高
▼MOM
羽黒DF星野竜弥(2年)_フィジカル強いFW相手に粘りを見せた小兵CB
▼PHOTO NEWS
羽黒が6年ぶりの全国選手権へ!三浦大和の延長V弾で日大山形との激闘制す


【福島】
[決勝](11.4)
尚志高 3-1 帝京安積高
▼MOM
尚志MF渡辺新史(3年)_値千金の勝ち越し弾。左サイドの“頭脳派”ドリブラーがチームを救う
▼PHOTO NEWS
尚志が4連覇達成!粘る帝京安積を退けて全国へ


●【特設】高校選手権2017

TOP