beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イタリアがW杯出場ピンチ…不運な失点でスウェーデンに先勝許す

このエントリーをはてなブックマークに追加

敵地でスウェーデンに先勝を許したイタリア

[11.10 欧州PO第1戦 スウェーデン1-0イタリア]

 ロシアW杯の欧州プレーオフ第1戦が10日に行われ、過去4度のW杯優勝を誇るイタリア代表が敵地でスウェーデン代表に0-1で敗れた。第2戦は13日にイタリアのホームで開催される。

 前半をスコアレスで折り返した試合は後半に動いた。ホームのスウェーデンは後半16分、右サイドのロングスローからPA手前右にボールがこぼれると、途中出場のMFヤコブ・ヨハンソンが右足のボレーを決めて先制。イタリアとしてはGKジャンルイジ・ブッフォンがシュートに反応していたが、目の前のMFダニエレ・デ・ロッシに当たってコースが変わったボールがゴールに転がり込むアンラッキーな失点となった。

 1点を追いかける中、後半25分にはPA手前中央からDFマッテオ・ダルミアンが右足でシュート。相手GKが一歩も動けない強烈な一撃だったが、左ポストを直撃する。イタリアはその後もゴールに迫りながら最後まで1点が遠く、0-1でタイムアップを迎えた。

 スウェーデンはホームで先勝に成功し、3大会ぶり12回目の本大会行きに前進。一方、第1戦を落としたイタリアはこの試合で警告を受けたMFマルコ・ベッラッティが第2戦で出場停止になるなど、15大会連続19回目の出場に向けて暗雲が漂ってきた。

●ロシアW杯欧州予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧
●2018W杯ロシア大会特集ページ

TOP