beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“試合巧者”関東一高が東京3冠提げ2年連続全国へ、成立学園は1年前のリベンジならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

関東一高が2年連続全国へ

[11.11 選手権東京都Aブロック予選決勝 関東一高 1-0 成立学園高 駒沢]

 第96回全国高校サッカー選手権東京都Aブロック予選決勝が11日、駒沢陸上競技場で行われ、関東一高成立学園高を1-0で破った。関東一は2年連続2度目の全国大会出場。昨年の予選決勝と同じカードを同じスコアで制し、関東大会予選、インターハイ予選に続く東京3冠を達成した。

 今季、強豪揃いの東京都トーナメント戦で全勝。接戦を粘り強く勝ち切ってきた小野貴裕監督は「決定的なところで相手に上回られないことだけは気をつけている。ゲームが動くポイント、相手のストロングを絶対に抑えること」が“常勝”につながっていると指摘。この日は「11番の窪田くんが間違いなくキーマンだった」と50m走5秒9の快足FW窪田稜(2年)を抑え、流れを渡さなかった。

 立ち上がりから1年前のリベンジを目指す成立学園がボールを保持して攻撃のリズムをつくると、前半6分、窪田が高い位置でひっかけ、FW高木健匠(2年)がPA右手前から右足ミドル。成立学園は俊足のフィニッシャーFW窪田にボールを集めるが、マッチアップしたCB小野凌弥(3年)が鋭い寄せで裏への飛び出しを潰した。

 準決勝を変則的3-5-2で戦った関東一は「成立は全体をバランスよく止めておかないといけないので、4-4-2でピッチ全体をうまくずらしていった」(小野監督)とシステムを4バックに戻す。前半は耐える時間が続いたが、全員が守備意識高く耐えしのぐ。中盤でボールを奪い合う展開も、互いに決め手を欠き、スコアレスで前半を折り返した。

 堅守をベースに鋭い速攻で好機をうかがう関東一。小野監督は「前半はボールをひっかけてから攻め急ぐシーンがあった」とハーフタイムに修正を図ると、後半6分にはカウンターからMF重田快(3年)が素早い動き出しでパスを呼び込み、PA内左からフィニッシュまで持ち込む。成立学園も交代カードを切りながら押し返し、FW佐久間駿希(3年)が関わった右サイドの崩しやミドルシュートで相手ゴールに迫る。

 拮抗した展開の中、試合を動かしたのは“試合巧者”の関東一だった。後半33分、カウンターからMF小関陽星が粘ってつなぐと、MF村井柊斗(3年)がエリア内に進入し、相手6枚を引き付けながら右にラストパス。PA内右でフリーの重田が右足シュートでGKの股間を抜いた。これが値千金の決勝点となり、1-0で勝利した関東一が大会連覇を成し遂げた。

 1年前のリベンジとはならず、成立学園の宮内聡監督監督は「最後の最後に頑張れなかった。シュートブロックにいけなかったかな」と失点シーンを振り返った。宿敵とのタフな戦い。ボールを保持してもゴールはこじ開けられず、「どっちかが1点を取って決まる、こういう試合になると思っていた」と接戦をモノにできなかったことを悔やんだ。

 選手層の厚い関東一はメンバーを入れ替えながら、総力戦で2年連続の全国切符をつかんだ。この日はFW篠原友哉、村井、重田、小野、DF嶋林昂生と3年生5人を先発起用。小野監督は「今まで1、2年が主体だったチーム。感情的に3年が最後だからというつもりでは出していないが、今日は3年生がよくやってくれた」と、パフォーマンスを称えた。

 インターハイは全国ベスト8。東京3冠を提げ、91年の帝京高以来、26年ぶりとなる東京都代表の“日本一”に期待も懸かるが、指揮官は「まずはここ(駒沢)で開幕戦をやりたいです。東京のチームに育ててもらっているので見てもらいたい」と笑顔で希望を語った。

(取材・文 佐藤亜希子)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2017
★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

TOP