beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「全員があきらめずに戦えていた」。G大阪ユースが1-3からの逆転勝ちでJユースカップ制覇へ王手!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2点差逆転のガンバ大阪ユースが決勝進出!

[11.12 Jユースカップ準決勝 G大阪ユース 4-3 川崎F U-18 金鳥スタ]

 Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会準決勝2試合が12日、キンチョウスタジアムにて行われた。第2試合で川崎フロンターレU-18と対戦したガンバ大阪ユースは一時は2点差を追う展開となるも、交代選手たちの活躍で4-3で劇的逆転勝利。19日に長野Uスタジアムで行われる決勝戦で、同じ関西勢の京都サンガF.C.U-18と対戦することとなった。

 序盤はポゼッションプレーを重視してボールを捨てることを良しとしない両チーム同士らしい静かな立ち上がりだった。しっかり相手の出方を見ながら隙をうかがうボール回しの中で、徐々に川崎Fがペースを掴み始める。SBのオーバーラップからG大阪の3ボランチの両脇を使って崩す攻めが機能するようになり、32分にはMF宮城天(1年)のパスを受けた左SBデューク・カルロス(3年)が単独突破から左足を振り抜く。「人に合わせるというより、相手にとって嫌なボールを蹴り込む」イメージから繰り出されたクロスボールは鋭く曲がり落ちてゴールネットを揺らし、川崎Fが先行した。

 後半に入って早々の2分、ペナルティーエリア手前でボールを受けたG大阪のU-16日本代表MF岩本翔(2年)に巧みな個人技から局面を打開されての左足シュートを流し込まれて同点に追い付かれたものの、24分に右SB小川真輝(3年)がサイドを破っての折り返しをU-17日本代表FW宮代大聖(2年)がスライディングシュートで押し込んで勝ち越すと、29分には宮城も追加点。リードを2点に広げてみせた。

 G大阪にしてみると絶体絶命に近い状況だったが、現役時代から幾多の修羅場をくぐり抜けてている實好礼忠監督は「まだ時間もあったし、追い付けると思っていた」と落ち着いていた。DF奥井大貴(3年)が「1-3になってからも、全員があきらめずに戦えていた」と振り返ったように、G大阪側の士気は落ちていなかった。

 一方、川崎Fは「ずっとリードした後の戦い方に課題があって、この日もそれが出てしまった」と宮代が唇を噛んだように、残り15分余りという中途半端な時間のやりくりの難しさをG大阪につかれることになる。まずは38分、左足の名手であるMF山下諒(3年)の鋭いFKがGKを越えると、DF中島大雅(3年)に当たってゴールイン。さらに41分、速攻の形からだった。交代出場のMF丹羽匠(2年)のパスを同じく交代出場の1年生FW塚元大(1年)が受けてドリブルシュート。これはGK早坂勇希(3年)に防がれるも、こぼれ球にやはり交代出場のFW大谷優斗(1年)がしっかり詰めて、3-3の同点に追い付いてみせた。

 そして最後のドラマはアディショナルタイムの2分だった。G大阪の絶好機をGK早坂が防いでからのスローイン。両ベンチが延長戦への準備も始める流れの中だったが、G大阪は同サイドに人数をかけながらショートパスとドリブルで切り崩しに掛かる。スローインを投げたDF臼井貫太(3年)が戻しを受けて中へとドリブルして斜めのバックパスを上がってきたMF梅津克貴(3年)に付けると、梅津はこれを鋭く縦へ。このパスを丹羽が落としてMF森永耀晟(3年)がエリアの中で潰されてのこぼれ球だった。DFカルロスのクリアを詰めた丹羽がブロックすると、その反動でボールはそのままゴールへ。アクシデント的に飛んだボールがGKを破り、ゴールネットが揺れる。

 試合はこのまま終了。ジェットコースターゲームを制したG大阪が4-3で勝利し、同じ関西勢の京都U-18が待つ決勝戦へのチケットを得た。

(取材・文 川端暁彦)
2017Jユースカップ特集
※決勝戦は11月19日、長野Uスタジアムで開催!

TOP