beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアル・マドリー、イスコがアトレティコ戦に間に合う見込み...K・ナバスとカルバハルは欠場へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン代表戦で負傷退場したMFイスコ

 レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、鍵となる2選手を欠いて重要な一戦に臨むことになるかもしれない。

 マドリーは現在GKケイラー・ナバス、DFダニエル・カルバハルが負傷離脱している。K・ナバスは筋肉系の負傷で5試合、カルバハルはウイルス性の心膜炎によって戦列を離れ8試合欠場中である。両者は18日のリーガ・エスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦に向けて調整を続けていたが、出場が難しい状態にあるようだ。

 一方、スペイン代表として臨んだ11日の国際親善試合コスタリカ戦で負傷交代していたMFイスコは、アトレティコ戦に間に合う見込み。すでに代表合宿から離脱しているイスコは13日に精密検査を受け、打撲の痛みを除いて異常は見られていないとされる。

 アトレティコ戦に向けては、すでに欠場が確定していたMFガレス・ベイル、MFマテオ・コバチッチに加え、K・ナバスとカルバハルが不在になる。だが昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝セカンドレグでアトレティコから得点を奪ったイスコは、敵地ワンダ・メトロポリターノのピッチに立てそうだ。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP