beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブッフォン、サンチェス、ベイル…「ロシアW杯行けないイレブン」が話題

このエントリーをはてなブックマークに追加

引退を表明したGKジャンルイジ・ブッフォン

 ロシアW杯出場全32チームが出揃ったことを受け、W杯に出場できない選手たちで構成されたベストイレブンが話題を呼んでいる。

  ロシアW杯欧州予選プレーオフではイタリア代表が60年ぶりにW杯出場を逃し、世界中に大きな衝撃を与えた。欧州予選では前回大会3位のオランダ代表をはじめ、60年ぶりのW杯出場に大きな期待が集まったウェールズ代表アンドリー・シェフチェンコ監督が率いるウクライナ代表が敗退。南米予選ではチリ代表がW杯出場権を逃している。

 各地で悲劇が起こる中、出場32か国に漏れ、大会に出場できないトップ選手を各ポジションに配したベストイレブンを英『ESPN』が発表している。

 フォーメーションは4-2-3-1を採用し、GKはイタリア引退を表明したジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)。右サイドバックにはエクアドル代表DFアントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド)、センターバック2枚はオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイク(サウサンプトン)とイタリアのDFレオナルド・ボヌッチ(ミラン)、左サイドバックにはオーストリア代表DFダビド・アラバ(バイエルン)が並ぶ。

 中盤はチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン)とギニア代表MFナビ・ケイタ(ライプツィヒ)。アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)の前にチリ代表FWアレクシス・サンチェス(アーセナル)とウェールズ代表MFガレス・ベイル(レアル・マドリー)が並び、ガボン代表のFWピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)が1トップに入る豪華な布陣だ。

 そのほか、大会出場を逃したコートジボワール代表DFエリック・バイリー(マンチェスター・ユナイテッド)やスロバキア代表MFマレク・ハムシク(ナポリ)、オランダ代表FWアリエン・ロッベン(バイエルン)らが“ベンチ”に控えている。選手たちは才能を世界にアピールする場をひとつ失った。大陸ごとにレベル差は大きいが、こうした各国のタレント選手たちが出場できないことは大会の厳しさを物語っている。

●ロシアW杯欧州予選特集
●ロシアW杯南米予選特集
●ロシアW杯北中米カリブ海予選特集
●ロシアW杯アフリカ予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

TOP