beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「レフェリーの判断が絶対」…“手に当たった”を目の前で見ていた千葉DF近藤「精神的な弱さ」を反省

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合後も判定に納得がいかない様子で抗議していた

[11.26 J1昇格PO準決勝 名古屋4-2千葉 パロ瑞穂]

 試合後のインタビュー台には、名古屋グランパスの同点弾を決めたMF田口泰士が立っていた。しかしその声をかき消さんばかりに、ジェフユナイテッド千葉のゴール裏からは大ブーイングが飛んでいた。

 9年ぶりのJ1復帰は夢と消えた。J1昇格プレーオフ準決勝を敵地で戦った千葉だったが、名古屋に2-4で逆転負け。シーズンを7連勝で終える劇的な展開でプレーオフ出場を決めていたが、そんな今季の戦いも終わった。

 悔やまれるのはやはり後半16分、名古屋に同点弾を浴びた場面だ。DF近藤直也がクリアしようとしたボールをMF田口泰士にカットされると、そのままドリブルでもちこまれて、試合を振り出しに戻されてしまった。引き分けでは敗退が決まるため、千葉にとっては大きな失点となった。

 しかしこの場面、カットした田口のプレーが手に当たっているようにも見え、千葉イレブンも村上伸次主審や副審に猛抗議。しかし判定が覆ることはなく、逆に強く抗議していたFWラリベイにはイエローカードが出された。試合後、フアン・エスナイデル監督も「同点にされてしまったゴールが分岐点になった」と悔やんだ。

 千葉の選手によれば、村上主審はボールが手に当たったことは認めていたという。ただ脇を閉じていたということで、ハンドとはみなされなかったとみられる。“目の前”で見ていた近藤は「レフェリーの判断が絶対なので、僕らは何も言えない」とするも、「手に当たっているのは見えていると言っていたので、何で取らないのかというところは疑問でした。しょうがないですけど」と苦虫を噛みつぶしたような顔で話した。

 ただ判定に不満があったとはいえ、直後に勝ち越し点を献上。メンタル面の課題を露呈したことは否めない。そこは近藤も「そこからズルズル行ってしまったので、僕らの精神的な弱さなのかなと思います」と認めるところ。「今季で言えば一番出来が良くなかった」という試合だったこともあり、結果については真摯に受け止めていた。 

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2017J1昇格プレーオフ特集ページ
●J1昇格プレーオフ準決勝 スコア速報

TOP