beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3試合ぶり先発の岡崎慎司、トッテナム撃破で高評価「いまだバーディの最高の相棒」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レスター・シティFW岡崎慎司

 レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、トッテナム撃破でイギリスメディアから高評価を受けている。

 レスターは28日、プレミアリーグ第14節でトッテナムと対戦。クロード・ピュエル監督就任以降、なかなかチャンスを与えられない岡崎であったが、この日は3試合ぶりの先発出場を果たした。

 試合はFWジェイミー・バーディ、MFリヤド・マフレズが前半にゴールを挙げ、レスターが2-1で逃げ切った。岡崎も献身的なプレスと、安定感のあるポストプレーでチームの4試合ぶりの勝利に貢献している。

 地元紙『レスター・マーキュリー』は、岡崎に対してチーム2位タイとなる「8」の採点。寸評では「いまだこのシステムではバーディのベストパートナー」と記され、働きを評価された。チーム最高はMFビセンテ・イボーラやバーディの「9」となっている。

 また、イギリス紙『デイリー・メール』では「6.5」の評価で、チーム最高はDFウェズ・モーガンの「7.5」となった。

 確かな存在感で勝利に貢献した岡崎。次節のバーンリー戦でもチャンスは巡ってくるだろうか。

●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP