beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J3の新たなジンクス?2014年に開始後、3度同じスタジアムで優勝が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017シーズンのJ3王者・ブラウブリッツ秋田

 J3リーグ最終節が3日に行われ、ブラウブリッツ秋田ガイナーレ鳥取を3-0で下し、初優勝が決まった。この試合はとりぎんバードスタジアムで開催されたが、ここでJ3優勝が決まるのはこれで3回目となった。

 J3は2014年に発足。これまで初年度はツエーゲン金沢、2015シーズンはレノファ山口FC、昨シーズンは大分トリニータがそれぞれ優勝している。初年度の金沢は沖縄市陸上競技場で優勝を決めたが、それ以降は今回の秋田も含めて、すべてとりスタで優勝が決まっている。これがJ3で新たな“ジンクス”となるかもしれない。

 以下、J3優勝が決まった試合とスタジアム

▼2014シーズン
第32節(11月16日):琉球 0-1 金沢
沖縄市陸上競技場

▼2015シーズン
第39節(11月23日):鳥取 2-2 山口
とりぎんバードスタジアム

▼2016シーズン
第30節(11月20日):鳥取 2-4 大分
とりぎんバードスタジアム

▼2017シーズン
第34節(12月3日):鳥取 0-3 秋田
とりぎんバードスタジアム

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP