beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]神戸U-18が得失点1差の首位で最終節へ。「勝ち点3を積み重ねることだけを考えたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

途中出場でゴールを奪ったヴィッセル神戸U-18FW秋山駿

[12.3 プレミアリーグWEST第17節 神戸U-18 1-1 G大阪ユース いぶきの森]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグWEST第17節が3日に行われ、首位のヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、ホームで3位のガンバ大阪ユース(大阪)と対戦。両者後半に1点ずつ奪い合い、1-1の引き分けとなった。

 神戸にとっては、2位のサンフレッチェ広島ユース(広島)の結果次第では、今節で優勝が決まる大一番だったが、「今チーム状態が良くて、一番やりたくないチーム。難しい試合になるのは分かっていた」という野田知監督の読み通り、序盤からポゼッションで上回るG大阪のペースで試合が進んだ。

 神戸は我慢の時間が続く中でも、警戒していたMF梅津克貴(3年)らトリプルボランチに自由を与えず。主将のMF谷川勇磨(3年)が「押し込まれても、右田と小林が跳ね返し続けてくれた」と称えたように、FW原田烈志(2年)らにボールが渡っても、右田楓小林友希の2年生CBコンビがしっかりと封じ、前半に打たれたシュートを2本に抑えた。

 一方の攻撃は、高い位置でのボール奪取から速攻を狙ったが、「ガンバは凄くボール回しが上手くて、あまりハメることができなかった」(FW佐々木大樹、3年)と苦戦を強いられた。CBのロングフィードや2列目のスルーパスから見せ場も作ったが、1点が奪えないまま試合を折り返した。

 後半も均衡した展開が続く中、4分に神戸に好機が訪れた。「こういう試合で小さくなっていたら、良いプレーができないので、積極的にやることを考えていた」と振り返るDF本山遥(3年)が左サイドを攻め上がり、ゴール前に決定的なパスを入れたが、味方とわずかに合わず。20分には左ロングスローのこぼれ球から、MF佐藤昴(3年)がゴールを狙ったが、右ポストに阻まれた。

 残り20分を切ってから神戸は、交代カードの切り札として温存していたMF池田修志(3年)とFW秋山駿(3年)を同時に投入する。勝負に出ると、38分にはGK坪井湧也(3年)のスローインを受けたMF船越大夢(2年)が強引に中盤を突破。右のスペースにパスを送ると、秋山がフリーで豪快なシュートを叩き込んだ。

 勝利に大きく前進する一撃に喜びを見せた神戸の選手たちだったが、G大阪もこのままでは終わらない。後半45分にCKのこぼれ球をDF奥井大貴(3年)、MF森永耀晟(3年)と繋ぐと、最後はFW塚元大(1年)が押し込み、直後にタイムアップ。終了間際に勝利を取りこぼす結果となり、谷川は「この一年、勝っていても失点をしないとか、チャレンジ&カバーを最後まで続けるとかちょっとの部分を徹底してきたのに、“勝ったんじゃないか”という少しの気の緩みが出てしまった」と悔やんだ。

 優勝を確かな物にするため、今節の勝利が欲しかった神戸だが、「もう少しで勝ちという所まで持っていけたのはよくやったと思います」と野田監督が称えたように、内容は決して悪くなかった。今節、広島がセレッソ大阪U-18(大阪)に勝利したため、勝ち点は共に39。得失点差で神戸が1つ上回った状態で、最終節を迎えることになったが、谷川は「自分たちは勝ち点3を積み重ねることだけを考えたい。神様が何か与えてくれると信じて、自分たちの試合に集中したい」と話した。

 本山も「ここまで来たら優勝しか考えられない。クラブユース、Jユースで結果を残せていないので、3年間の集大成であるプレミアで必ず優勝して、チャンピオンシップで勝ちたい」と意気込むように、次節こそ、再び勝ち点3を積み上げ、4年ぶり2回目の歓喜に湧く。

(取材・文 森田将義)
●2017プレミアリーグWEST

TOP