beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アルゼンチン優勝の鍵はイグアイン? メッシは「絶対に入れたほうがいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリオネル・メッシはFWゴンサロ・イグアインの代表復帰を熱望している

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ともに代表で戦ってきたユベントスFWゴンサロ・イグアインの代表復帰を望んでいるという。英『フォー・フォー・トゥー』が6日に伝えている。

 イグアインは最近の代表では招集外になることが多く、10月6日のペルー戦(0-0)や11日のエクアドル戦(3-1)にもメンバーに呼ばれなかった。ホルヘ・サンパオリ監督は攻撃のオプションとしてFWマウロ・イカルディやFWパウロ・ディバラ、FWセルヒオ・アグエロを考えており、メッシのパートナーとして起用を続けている。

 しかしメッシはイグアインについて「世界最高クラスの選手であり、アルゼンチン代表にとって欠かせない人物」とアルゼンチンメディア『TyCスポーツ』に語り、「イグアインは代表に入れず苦しんでいる状態だが、絶対に入れたほうがいい」と断言している。

「僕にとって、彼は世界最高レベルのストライカーだ」と全幅の信頼を寄せるメッシ。「彼は批判に苦しめられている。僕らはそのことを何度も話し合ってきた」とイグアインの苦悩についても打ち明けている。世間から「大事なところで決められない」と揶揄されることも多いイグアインだが、今季のユベントスではセリエA13試合出場9ゴール3アシストと好調をキープし、1日の第15節・ナポリ戦(1-0)では無敗の首位相手に決勝点を決めている。

「代表の試合がない今の状態が、彼にとっていい影響を与えているとは思う。だけど彼は代表に必要な選手だ」。得点力不足でロシアW杯出場も危ぶまれたアルゼンチン代表だが、その課題解消の鍵はイグアインが握っているかもしれない。

●2018W杯ロシア大会特集ページ
●ロシアW杯南米予選特集

TOP