beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ関東]前橋育英が優勝!流経大柏、三菱養和SCユースがプレミア参入戦へ:第18節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東』は10日、最終節を行い、前橋育英高(群馬)が優勝した。

 最終節を前に、首位の前橋育英が勝ち点33、2位の三菱養和SCユース(東京)が勝ち点30、3位の流通経済大柏高(千葉)が勝ち点29、4位の川崎フロンターレU-18(神奈川)が勝ち点27と、優勝争いおよび上位3チームに与えられるプレミアリーグ参入戦出場枠をかけた戦いは混戦となっていた。

 首位の前橋育英は川崎F U-18と対戦。後半32分に追いついたものの、アディショナルタイム3分にキーパーの早坂勇希に劇的ゴールを決められ、1-2で敗戦。2位の三菱養和SCユースもU-17日本代表FW中村敬斗が1点を返したが、山梨学院高(山梨)に1-2で敗れた。

 一方、3位の流経大柏はMF加藤蓮の2ゴールなどで桐光学園高(神奈川)を4-1で下した。この結果、前橋育英が首位をキープして優勝。勝ち点を32に伸ばした流経大柏が2位に入った。また、三菱養和SCユースと川崎F U-18は勝ち点30で並んだが、得失点差で三菱養和SCユースが3位となった。

 なお、プレミア参入戦の組み合わせは明日11日に決定し、1回戦は15日に行われる。

 以下、順位表と第18節結果

【順位表】
1.前橋育英高(33)+13
2.流通経済大柏高(32)+14
3.三菱養和SCユース(30)+8
4.川崎フロンターレU-18(30)+6
5.山梨学院高(27)-2
6.東京ヴェルディユース(25)0
7.桐光学園高(23)-3
8.ジェフユナイテッド千葉U-18(23)-5
9.横浜FCユース(19)-10
10.鹿島学園高(11)-21

【第18節】
(12月10日)
[県立保土ヶ谷公園サッカー場]
桐光学園高 1-4 流通経済大柏高
[桐]大場隆充(90分+2)
[流]鬼京大翔(14分)、加藤蓮2(45分、64分)、宮寺優斗(89分)

[ヴェルディグラウンド]
東京ヴェルディユース 1-1 ジェフユナイテッド千葉U-18
[東]山本理仁(8分)
[千]安光将作(3分)

[等々力陸上競技場]
川崎フロンターレU-18 2-1 前橋育英高
[川]村田聖樹(3分)、早坂勇希(90分+3)
[前]秋山裕紀(77分)

[三菱養和会 巣鴨スポーツセンターグラウンド]
三菱養和SCユース 1-2 山梨学院高
[三]中村敬斗(85分)
[山]宮崎純真(26分)、加藤拓己(51分)

[横浜FC・LEOCトレーニングセンター]
横浜FCユース 5-2 鹿島学園高
[横]板東律2(14分、38分)、オウンゴール(52分)、高田稜平2(74分、88分)
[鹿]富岡大智(57分)、高橋大(89分)

●2017 プリンスリーグ関東

TOP