beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「驕ることなくしっかりできる子たち」。九州王者・鳥栖U-18はプレミア届かず、涙の敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

サガン鳥栖U-18は涙の敗退に

[12.15 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 鳥栖U-18 0-1 三菱養和SCユース 広島補助]

「ただただ、残念というだけです。来てみて、やってみて感じる難しさを、感じましたね」。サガン鳥栖U-18金明輝監督は攻め続けながらも0-1で喫した敗戦を残念がった。

 プリンスリーグ九州昇格1年目で逆転優勝。高校年代最高峰のリーグ戦であるプレミアリーグ昇格を目指して初戦に臨んだが、10番FW石井快征(2年)が「難しかったですね」と唇を噛んだように、一発勝負のトーナメント、参入戦独特の雰囲気の中で十分に力を発揮できなかった部分もあったようだ。

 試合は互いにシュートシーンを作り合う中で徐々に攻守の迫力、精度で上回った鳥栖がボールを握る展開になった。MF草刈龍星(3年)やMF倉員宏人(3年)らが絡みながらボールを動かし、前線のFW森山真伍(3年)、石井が泥臭さもある動きでゴールへ迫った鳥栖だが、守備の堅い三菱養和SCユースから1点を奪うことができない。

 後半3分に一瞬の隙を突かれて失点。それでも、ベンチから「まだ時間があるぞ!」という声が飛ぶ中、選手たちはボールを支配し、相手にカウンター攻撃をほとんど許すことなく攻め続けていく。そしてサイドからのクロスやFW大坪蘭(3年)のドリブルシュートなどで相手ゴールに迫ったが、攻略することができずに0-1で敗戦。試合終了の笛が鳴ると、選手たちはピッチに泣き崩れた。

 最後の部分での迫力が足りなかったのかもしれない。金監督は「分からないですけれども、養和さんはまだ余裕があったんじゃないですか。焦らせるくらいの展開に持っていけなかったと僕は思います」とコメント。そして、「ストライカーのいないチームはなかなか勝てないです。(勝ち抜くために必要なのは)やはりストライカー、泥臭く点取ってくれる選手。今年は頑張るところだけで点取って勝ってきたようなチーム。クロスに飛び込むところとかもっとトレーニングしなければいけない」と絶対的なストライカー、厳しい試合で得点できる選手の台頭を求めていた。
 
 今年の3年生のチームについて後輩FWの石井は「負けず嫌いの選手が多くて楽しかった」と感想を口にし、金監督は「僕が中2からずっと見て持ち上がってきたチーム。本当に成長したチームだと思います。努力するところと、ひたむきにやるところがあって、驕ることなくしっかりできる子たちでした」と彼らの頑張りを認めていた。

 その3年生たちが成し遂げられなかったプレミアリーグ昇格は後輩たちが実現する。来年、エースストライカーとして期待の石井は「今日みたいに1失点してしまっても、逆転できるように、もっと粘り強いチームにしていきたい。(個人的には) 決定力がないので決定力を上げたい」と宣言。U-15チームが日本クラブユース選手権で初優勝するなどアカデミーの活躍が目立つクラブの中で、鳥栖U-18も課題となった部分を改善して、来年は全国タイトルやプレミアリーグ昇格を勝ち取る。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ特集

TOP