beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ジダン、「熱望していた」今年5つ目のタイトルに“興奮”

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督

[12.16 クラブW杯決勝 R・マドリー1-0グレミオ アブダビ]

 史上初の大会2連覇を達成して指揮官もご満悦だ。17年に入って5つ目のタイトルを獲得したレアル・マドリージネディーヌ・ジダン監督は、クラブW杯決勝戦後の記者会見で「興奮している」と頬を緩めた。

 グレミオ(ブラジル)との決勝戦は序盤から押し込みながらも、なかなか先制点を奪えず。しかし、後半8分にエースのFWクリスティアーノ・ロナウドが鮮やかな直接FKでネットを揺らして先制に成功。その後、追加点こそ生まれなかったものの、グレミオの反撃も許さずに逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

 17年に入ってリーガ、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパー杯、スペイン・スーパー杯に続いての5つ目のタイトル獲得。「今年5個目のタイトルを熱望していたし、とても喜んでいる」と素直に喜びを表しつつも、「すべてのタイトルが大切だけど、もし一つを選ぶとすれば、それはリーガだ」とリーガのタイトルが何よりも重要だと続けた。

 今季のリーガではスタートダッシュに失敗。第15節終了時点で首位のバルセロナとの勝ち点差は8と開いている。再び“世界一”となったチームは、今度はリーガでの巻き返しを狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
●クラブW杯2017特集

TOP