beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

関西屈指のストライカー・長野内定の関西大FW竹下玲王、大学4年間は「人間的な部分がすごく成長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合後、FW竹下玲王は涙を流した

[12.21 全日本大学選手権準決勝 関西大1-1(PK2-4)法政大 NACK]

 関西大は1回戦から連戦を戦い抜き、主将のFW竹下玲王(4年=磐田U-18/長野内定)は今大会で3得点を記録。その実力を遺憾なく発揮し、関西屈指のストライカーは準決勝で姿を消した。

「蹴り合いの試合だったんですけど、チャンスは正直あった」と振り返る。最大の決定機は後半33分、竹下は後方からのロングボールに反応して法政大の最終ラインを突破。完全フリーでPA左に進入してGK関口亮助(4年=浦和ユース)との1対1となったが、ゴール右隅を狙ったシュートは関口のスーパーセーブに遭い、はじかれたボールはゴール右ポストを叩いた。「うまく入ったかなと思ったんですけど、ポストにはじかれて。触ったGKを褒める部分ですね」とGK関口のセーブを称えた。

 前田雅文監督は「脅威になっていた。相手は嫌がっていたし、竹下は馬力も残っていたので、苦しめていたのは確かです」とエースをねぎらい、「J3の長野に行きますけど力になれると思う」と現役時代にガンバ大阪などでプレーしたFWの先輩としても断言。「能力は高いので、さらに技術を高めれば身体能力をもっと生かせると思います。彼は謙虚ですし周りから学ぼうとする姿勢があるので、そこを含めて伸びしろがある」と次のステージに向かう教え子に期待を寄せていた。

 来季からはAC長野パルセイロに入団する。竹下は「Jリーグに入ることができたので、サッカーだけではなく人間としてもしっかり魅力のある選手になる」とプレー面だけでなく内面も意識しつつ、「その中でもしっかり結果にこだわって色んな人から愛される選手になりたい」と意気込みを語った。

 試合後のスタンドへの挨拶時に涙を流した竹下。主将の涙に周りもつられ、チームメートやマネージャー、スタッフもみな竹下とともにこの1年間の苦労をねぎらっていた。大学4年間について、「関大に入って人間的な部分もすごく成長できたし、そこが成長してプレーも成長した」と母校への感謝を口にしつつ、「全員サッカーで一体感を持ってやればどんな相手にも勝てるっていうのが、少しは証明できた」と手応えを語る。頂点を取れなかったことにほんの少しの後悔を残しつつ、「でも、応援してくれたみんなも、出場した選手も、ベンチの選手も。全員で戦ってここまで来たので、そこは本当に良い経験になりました」と最後は晴れやかに会場を後にした。

(取材・文 石川祐介)
●第66回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP