beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

田中美南が2発!日テレ・ベレーザが新興勢力ノジマを下して3年ぶり皇后杯制覇、なでしこLとの2冠達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

日テレ・ベレーザが優勝

[12.24 皇后杯決勝 日テレ・ベレーザ3-0ノジマステラ神奈川相模原 ヤンマー]

 第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会決勝が24日にヤンマースタジアム長居で行われ、日テレ・ベレーザノジマステラ神奈川相模原を3-0で下し、3年ぶり12回目の優勝を果たした。

 なでしこリーグとの今季2冠を目指すベレーザと、チーム発足6年目で今季からなでしこ1部に参戦しているノジマとの一戦は開始早々に動いた。前半6分、ベレーザはハーフェーライン付近からDF岩清水梓がロングパス。PA手前で受けた日本女子代表FW田中美南が右足ループを決め、先制に成功した。

 試合の主導権を握るベレーザは、ノジマに決定機を与えず、前半24分に追加点を奪う。またも最終ラインの岩清水のロングパスで、今度はMF阪口夢穂が抜け出すと、GKの位置を確認して右足ループを落ち着いて沈め、2-0と突き放した。

 互いに1人ずつを交代して迎えた後半は、ノジマが積極的にゴールに迫る。後半14分、MF田中陽子の右CKからDF國武愛美がヘディングシュート。22分には、左CKからこぼれたボールをMF吉見夏稀が左足で狙うも、左ポストに嫌われて決定機を逃した。

 押し込まれる展開もなでしこ女王はしたたかだった。岩清水を中心にノジマの攻撃を耐え凌ぐと、前がかりになった相手の背後を突いて得点につなげた。後半29分、自陣でボールを奪うと、MF中里優がダイレクトで一気に前線に送る。これに反応した田中美が裏に抜け出し、冷静に左足で流し込み、ダメ押し。日テレが3-0で完封勝利をおさめ、最多13回目の優勝を決めた。

●第39回皇后杯特設ページ

TOP