beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎F内定の流経大MF守田英正、Jリーグ王者に刺激を受けてのインカレMVP!

このエントリーをはてなブックマークに追加

インカレMVPに輝いた流通経済大MF守田英正(4年=金光大阪高/川崎F内定)

[12.24 全日本大学選手権決勝 流通経済大5-1法政大 浦和駒場スタジアム]

 Jリーグチャンピオンに刺激を受けてつかんだ栄冠だった。川崎フロンターレへの加入が内定している流通経済大のMF守田英正(4年=金光大阪高)は、全日本大学選手権(インカレ)のMVPに輝いた。自身としては満足のいくパフォーマンスではなかったようだが、「フロンターレに行くにあたって、それに見合った結果が必要だと思っていた」とタイトル獲得を喜んだ。

 夏の総理大臣杯王者である法政大とのインカレ決勝、守田はダブルボランチの一角で出場。もう一人のMF小野原和哉(3年=磐田ユース)が相手にマンマークで付く形となったため、広大なバイタルエリアを一人でケアする難しい役割だったが、うまくバランスを取って相手の攻撃をサイドに追いやった。

 キャプテンとして出場したこともあり、試合後の表彰式では優勝チームの代表として大会MVPに選出。中野雄二監督からも「CBだろうが、ボランチだろうが、SBだろうが、与えられたことは全て高いクオリティーでこなせる選手」と絶賛の言葉が飛び出した。

 しかし、自身の出来には「たぶん良くなかったかなと思います」と厳しい表情。「普段しないようなミスがあったり、判断が悪かったりとか、自分が得意なボールを奪う部分は発揮できなかった」と満足せず、「もっと守備でも攻撃でも質の高さを発揮できるような選手になりたい」と前を見据えた。

 来季からはプロサッカーの世界に身を投じ、今季のJリーグチャンピオンである川崎Fに入団する。「ずっと逆転優勝できると思っていた」と今季の戦いぶりはチェックしており、優勝を決めた試合もライバル鹿島の試合とともにDAZNで観戦。「自分も含めて、あれを見ていたサポーターはみんな感動しただろうなと思います」と、すでにフロンターレファミリーの一員となりつつあるようだ。

 そんな未来のマイクラブに刺激を受けて臨んだインカレでは、「優勝できて良かった」と最高の結果に。自身が等々力のピッチに立つことを想像しては、「最初はできないことのほうが多いと思うんですけど、少しずつ課題をクリアにしていって、一歩一歩進んでいきたい」と意気込んでいる。

(取材・文 竹内達也)
●第66回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP