beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョが“幼稚”とチームを痛烈批判「簡単に勝てる試合だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョゼ・モウリーニョ監督が不満を露わに

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、レスター・シティと2-2で引き分けたチームを“幼稚”と非難した。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。

 ユナイテッドは23日、プレミアリーグ第19節でレスターと対戦。先制点を許すも、MFフアン・マタの2ゴールで逆転に成功する。しかし、後半アディショナルタイムにMFマーク・オルブライトンのクロスからDFハリー・マグワイアにゴールを許し、2-2で引き分けた。この結果、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は『13』に広がった。

 同点ゴールの直前、交代カードを使い切っていたユナイテッドはDFクリス・スモーリングが足を痛めていた。これに対応しきれなかった守備陣の隙を突かれ、劇的ゴールを奪われた。モウリーニョ監督は、「信じられないほどのチャンスを逃した。だから、我々は勝つことができなかった。何かの冗談のようだ。最後の2分間、我々は大きな守備のミスを犯した」と不満を露わにした。

「簡単に勝てる試合だった。我々のボックス内でも、相手のボックス内でも幼稚だった。そして、ミスに次ぐミス。我々は2ポイントの罰を受けた」と、守備だけでなく、攻撃でも“幼稚さ”が目立ったとし、「幼稚な判断をする者もいるが、時が経てば成熟していい判断ができるようになる者もいる。だが、そのままキャリアを終えてしまう選手もいる」と厳しい言葉をぶつけた。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP