beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

厚い選手層、流経大でも“替えのきかない選手”…DF小池「プロ経験をどう還元できるか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF小池裕太(3年=新潟ユース)は全試合フルタイムでピッチに立ち続けた

[12.24 全日本大学選手権決勝 流通経済大5-1法政大 浦和駒場スタジアム]

 正確な左足から放たれるキックは、流通経済大(関東3)の生命線だった。豊富な選手層を武器にターンオーバー制を導入して勝ち上がるチームにおいて、不動の左SBとして全試合フルタイムでピッチに立ち続けたDF小池裕太(3年=新潟ユース)は、「成長できた大会だった」と充実感たっぷりの様子で振り返った。

 大学2年生の昨季は鹿島アントラーズの特別指定選手としてプロの舞台を経験。今季はプロの舞台を経験することはなかったが、プロのスカウトから熱視線を送られ続ける存在に変わりはない。

 来季はいよいよ最終学年。「プロを経験しているのは自分しかいない。そういう経験というのをどう還元できるかだと思っている」と“一つ上”の自覚を口にした小池。「今大会でもいろんな課題が出たので、その課題を修正して、また来年、インカレで連覇できるように頑張りたい」。来季も別格の存在感を見せつける。

(取材・文 児玉幸洋)
●第66回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP