beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する「選手権注目の11傑」vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が注目するFW向井和哉(松山工高)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権注目の11傑』」

 ゲキサカでは12月30日に開幕する第96回全国高校サッカー選手権の注目選手を大特集。ユース年代を主に取材するライター陣に今年も選手権注目の11選手、「選手権注目の11傑」を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義氏「多くの人に注目される選手権は、ブレイクするには絶好の機会。トーナメントならではの緊張感も選手を逞しくするメリットで、この大会を機にプロの世界へと羽ばたいていった選手が数多くいます。プロのスカウトにとっても、有望株をチェックする格好の場でもあり、特に来年誰をチェックすべきか、下級生に目を光らせているのも選手権ならではです。今回は、来年度以降飛躍を遂げそうな選手や注目した欲しい選手を選びました」

以下、森田氏が注目する11人

GK小原司(日章学園高2年)
「『プロになるのは身長が足りないと言われるけど、身長がなくてもプロになれるんだと示したい』と意気込むように、身長171cmながらも鋭い反応と、『今年に入って飛距離が伸びてきた』というキックで攻撃の起点としても機能する」

DF山田祐樹(立正大淞南高2年)
「3年生主体の立正大淞南では珍しい、1年目から主力を務めるCB。危機察知能力の高さを活かしたカバーリングが武器で、前にガンガン行くDF竹中響哉(3年)との相性はバッチリだ。彼が堅い守りから、伝統の速攻を引き出せるかが上位進出の鍵となる」

DF酒本哲太(一条高2年)
「183cmの高さと強さを備えた要注目のCB。選手権予選では主将であり、守備の要でもあったDF生成光(3年)が怪我で離脱するアクシデントもあったが、前田久監督が『安定感と粘り強さが出てきた』と称えるプレーを披露し、2年連続出場に貢献した」

DF赤澤大志(大阪桐蔭高2年)
「魅力的なタレントが揃うチームの中でも、ひと際目を惹く実力派のCB。ストロングポイントは、184cmの高さを活かした競り合いの強さだが、機動力と気迫を活かした守りも見劣りしない。全国でも選手権予選同様に、粘り強い勝ち上がりに貢献できるか注目だ」

DF高木大輝(京都橘高1年)
「選手権予選で、DF河合航希主将(3年)の代役を務めた注目株で、元々はサイドMFだったが、将来を見据えて、今夏から左SBに転向。緩急をつけた鋭い突破からのクロスが武器で、先輩のFW岩崎悠人(京都)と同じく、選手権を機にブレークする可能性は十分にある」

MF佐野海舟(米子北高2年)
「視野の広さを活かした予測と守備センスが光るボランチで、中盤でのボールの回収力は高校世代でも屈指。元々、3列目からの展開にも定評があったが、主力としての自覚が高まった今季は、ゴールへの意識も増し、攻撃でも存在感を見せている」

MF檀崎竜孔(青森山田高2年)
「『ゴールに向かう仕掛けやドリブルを見て欲しい』と口にするように、スピードに乗った突破が光るサイドアタッカー。昨季はBチームで経験を積んだが、スタメンに定着した今季は、プレミアリーグの全試合に出場し、5得点。以前と比べて、プレーの怖さが増している」

MF中山脩麻(高知西高1年)
「選手権初出場を掴んだ注目校の次期エース候補で、ドリブルからのパスが持ち味。プリンスリーグ四国では、主力としてプレーしたが、選手権予選からはジョーカーとして重宝されており、相手の動きが止まった時間で見せる彼のプレーは“殺傷力”が高い。全国でどこまでできるか楽しみだ」

FW貝瀬敦(関東一高1年)
「日の丸経験者やJユースの選手に交じって、国体の東京選抜入りした実力は確か。持ち味はここぞという場面でグッと伸びるスピードで、加速力を活かした飛び出しと突破を武器にゴールに迫るプレーが目立つが、試合終盤でも動きの質が落ちないスタミナにも注目だ」

FW向井和哉(松山工高2年)
「切れ味鋭いドリブルで、相手ゴールに襲い掛かるFW。今年に入ってからは、元日本代表の中田英寿氏の映像などを参考にプレー中の姿勢を意識。周囲が見られるようになったことで、ドリブルとゴール前での動きが良くなり、プリンスリーグ四国で得点王争いに絡んだ」

FW榎本樹(前橋育英高2年)
「186cmの身長を活かした競り合いとポストプレーが光るストライカー。『フリーになる動きを意識するようになった』と話す今年の成長は著しく、滑り込みでメンバー入りを果たしたインターハイでは得点王に輝いた。補完性抜群のFW飯島陸(3年)との凸凹コンビにも注目」

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
●【特設】高校選手権2017

TOP