beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する「選手権注目の11傑」vol.3

このエントリーをはてなブックマークに追加

平野氏が注目するMF青木真生都(東福岡高)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権注目の11傑』」

 ゲキサカでは12月30日に開幕する第96回全国高校サッカー選手権の注目選手を大特集。ユース年代を主に取材するライター陣に今年も選手権注目の11選手、「選手権注目の11傑」を紹介してもらいます。第3回はJリーグ、年代別日本代表からユース、少年サッカー、自衛隊サッカーまで広く、深く取材活動を続けるスポーツライター・平野貴也氏による11名です。

平野貴也氏「多くの選手や指導者が努力の結晶をぶつけ合う、好ゲームを楽しみにしています。読者の皆さんになるべく多くの選手を紹介したいと思い、今回の11傑は、すでに多くのメディアで紹介されているプロ内定選手と今季の年代別代表経験者を対象外としました。また、1チームから複数選出はせず、ポジション別に活躍が期待される選手を選ばせていただきました。この企画の際には毎回書いていますが、大会では、選外選手の『オレを忘れているぞ!』という大活躍も楽しみにしています」

以下、平野氏注目の11人

GK北村海チディ(関東一高)
「前回大会の開幕戦で途中出場を果たし、一気にブレイク。それほど身長が大きく伸びた印象はないが、瞬発力は健在でビッグセーブを連発する。観ていて楽しくなるGKだ」

DF赤澤大志(大阪桐蔭高)
「例年『上手い』印象が強い大阪桐蔭だが、今季は、守備力と速攻が加わり「強い」印象だ。ハイボールを跳ね返す赤澤は、周辺視野の確保、配球、カバーも期待できる好素材」

DF功刀舜也(尚志高)
「CBとしては大きくないが『GKにも負けないつもり』というヘディングは、かなり強い。小学生の頃に大学生コーチから『高校サッカーで必要』と特訓された武器で大暴れを狙う」

DF塩野碧斗(昌平高)
「技巧派集団の中で精力的な動きが目立つ、気合いの丸刈り男。右サイドを上下動し、果敢な攻撃参加でチームにダイナミズムを与える。卒業後は、消防士になる」

DF近藤立都(流通経済大柏高)
「攻撃力の高い左DF。どの位置にいたとしても、この男がボールを持ったら相手はゴール前をケアしなければならない。ロングスロー、左足のロングパスはともに一級品だ」

MF佐野海舟(米子北高)
「チームで重宝されているのは、中盤のボール奪取力。ただ奪うだけでなく、落ち着いた配球ができ、守備から攻撃の切り替え役となる。運動量も増やしており、攻撃も期待」

MF青木真生都(東福岡高)
「アタッカー陣が目立つ東福岡だが、中盤でコンダクターとなる青木の動きは、見逃せない。小柄だがよく動き、攻撃の起点を作り続ける。連係から飛び出すプレーが楽しみ」

MF久住玲以(日本文理高)
「ぐいぐいと進むドリブルが武器のサイドアタッカー。パワーがあり、シュートも狙えるが『パスの方が好き』なタイプだ。ドリブルで引き付けておき、ラストパスを繰り出す」

MF田中凌汰(青森山田高)
「連覇を狙うチームの攻撃陣は、中村駿太郷家友太のJ内定コンビが注目されるが、最も危険なのは、この男だ。中盤からの鋭い飛び出しは、相手にとって危険極まりない」

FW白井海斗(清水桜が丘高)
「選出のコンセプトを決めたとき、真っ先に選んだ。『出来るプレー』より『必要なプレー』に挑戦する姿勢を強く感じる選手。スペースを巧みに使い、決定的な仕事を果たす」

FW榎本樹(前橋育英高)
「得点王を狙える能力がある。高さ、強さを生かしたポストプレーが魅力。競って収めるだけでなく、ターンを含めて幅広いプレーができる。勝たせるエースへ成長できるか、注目」

執筆者紹介:平野貴也
1979年生まれ。東京都出身。専修大卒業後、スポーツナビで編集記者。当初は1か月のアルバイト契約だったが、最終的には社員となり計6年半居座った。2008年に独立し、フリーライターとして育成年代のサッカーを中心に取材。ゲキサカでは、2012年から全国自衛隊サッカーのレポートも始めた。「熱い試合」以外は興味なし

●【特設】高校選手権2017

TOP