beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

都道府県予選決勝敗退も、活躍、個性光った選手たち48選(東日本編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県予選決勝でスーパーゴールを決めた静岡学園高MF渡井理己

 第96回全国高校サッカー選手権が12月30日に開幕する。都道府県予選を勝ち抜いた48校の選手たちが全国大会での活躍を目指すが、今回は都道府県予選決勝敗退校の選手に注目。各予選準優勝校から光った選手を一人ずつ、計48人ピックアップする。第1回は北海道~岐阜県までの東日本24選手を紹介。

北海道大谷室蘭高FW村上悠緋(2年)
「北海道予選は初戦から3戦連発で計5得点。柔らかいボールタッチからのシュートと直接FKでもゴールを脅かす」

八戸学院野辺地西高DF舘睦人(2年)
「青森山田相手に大量失点を喫したものの、最終ラインの中央で奮闘。インターセプトから攻撃参加も見せた」

盛岡商高MF佐藤蔵人(3年)
「頭脳的なプレーが印象的なボランチ。機を逃さず、タイミングの良い攻め上がりは鋭く、ドリブル、シュートで試合を決める力も」

東北学院高DF佐藤大河(1年)
「前線の長身FW佐藤未勇(2年)目掛けたクロスボールでチャンスに絡んだ左SB。得意の左足キックは正確かつ多彩だ」

新屋高MF松橋拓磨(2年)
「ポジショニング良くボールを引き出し、MF大山悠斗(3年)とともに攻撃をコントロール。球際での迫力ある潰しも◎」

日大山形高FW上野原大夢(3年)
「県大会5得点のストライカー。県決勝ではゴール前でのターンから執念の同点ゴール」

帝京安積高FW五条方猛(3年)
「ポストプレーからのシュート、ロングスローも操るストライカー。県決勝では尚志高から同点ゴールをもぎ取った」

水戸啓明高MF佐藤響(3年)
「切れ味鋭いドリブルからシュートを連発する攻撃の要。苦しい試合展開でも背中でチームを引っ張った」

佐野日大高FW篠原博樹(3年)
「前半から2点をリードされる中、少ないチャンスを狙い続けた。抜け出し得意のエースはPK獲得も」

桐生一高GK中村海生(3年)
「全国V候補の前橋育英高相手に好セーブを連発。安定したハイボール、キック精度の高さも魅力」

浦和西高MF唐牛七海(2年)
「ジョーカーとして後半途中から起用されたアタッカーは、ドリブルで昌平DF陣を攻略。同点ゴールのきっかけを作った」

市立船橋高MF町田雄亮(1年)
「千葉頂上決戦で先発した1年生。流通経済大柏高の球際の強さに屈するシーンもあったが、身体を張った守備で健闘。縦パスでチャンスメークも」

成立学園高FW窪田稜(2年)
「50m走5秒9の快足を活かした抜け出し、鋭いドリブルからゴールを強襲。来年の注目エース」

國學院久我山高MF三富嵩大(3年)
「安定したキック、セットプレーでチャンスに絡み、強烈なミドル弾でゴールを破る注目司令塔」

桐光学園高MF田中雄大(3年)
「U-18代表。本職の中央ではなく、左SHとして先発。立ち上がりからドリブルでプレッシャーをかけ、持ち味の切り替えの速さも発揮」

帝京三高FW亀屋光二(2年)
「県決勝では回数を増やすことができなかったが、180cm超の長身FWはポストワークでチームの攻撃に流れを生み、ターンからのシュートも魅力」

開志学園JSC高FW梅津比未来(3年)
「裏への抜け出しと柔らかいタッチのドリブルが武器のスコアラー。県決勝は運動能力高い相手DFを切り崩せず苦戦」

市立長野高FW新井光(3年)
「相手に先手を許す展開の中で気を吐き続けた湘南内定エース。高速ドリブルからゴールを狙い続け、PKで1得点」

水橋高DF鍋田純志(3年)
「身長は176cmだが、跳躍力を活かしたヘッドや的確な読みで富山一高の強力攻撃陣に対抗したDFリーダー」

遊学館高GK柴田健吾(3年)
「高い位置取りでDFラインの背後のスペースを消し、シュートストップとコーチングで存在感を示す守護神」

福井工大福井高FW押野祐也(2年)
「185cmのターゲットマン。押し込まれる展開の中、長身を活かした動きも見せていたが、悔しい途中交代に」

静岡学園高MF渡井理己(3年)
「徳島内定。PA付近を個で打開できるところが持ち味のドリブラーは、県決勝で4人抜きのスーパーゴール」

東海学園高MF柴田大翔(2年)
「セットプレーの精度、技術に加え、スペースへランニングできるセンスの持ち主。流れを変えるプレーができる」

各務原高MF柳田一範(3年)
「危機管理能力に長けたボランチ。相手のスペースを消し、個人、グループでボールを奪い取って速攻の起点に」


●【特設】高校選手権2017

TOP