beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

湘南、浦和MF梅崎を完全移籍で獲得「大きな決意と覚悟を持って決断」

このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレに完全移籍するMF梅崎司

 湘南ベルマーレは27日、浦和レッズMF梅崎司の完全移籍加入を発表した。

 05年に大分のトップチームに昇格した梅崎は、07年1月にフランスのグルノーブルに期限付き移籍。同年6月に大分に復帰し、08年に浦和に移籍して10年間プレーした。今季は負傷の影響もあり、J1リーグ10試合の出場にとどまっていた。

 梅崎はクラブを通じて、「浦和レッズで10年プレーし、大きな決意と覚悟を持って移籍を決断しました。ここでなら、曺監督のもとでなら大きく成長できると確信しています。勝利の為に全身全霊をかけて走り、戦い、プレーします。そして、皆様と大きな歓びを分かち合えることを心待ちにしています」とコメントしている。

 また、浦和のクラブ公式ウェブサイトを通じてもコメントを残しており、10年間の感謝を伝えている。

「浦和レッズを愛するみなさま、長年僕を応援してくれたみなさま、来季違う色のユニフォームを来てプレーすることになりました。浦和で10年選手となることができ、このまま大好きな浦和でずっとプレーしたい気持ちと環境を変えて勝負したい気持ちが混在していました。ありがたいことにレッズから最大限に評価してもらい延長オファーもいただきましたが、僕は一選手として、もっと成長したい、ピッチに立って躍動したい、その思いが日に日に強くなり、移籍を決断しました」

「本当にみなさんには感謝の言葉しか思いつきません。そして、ここまでプレーできたのは何度怪我を繰り返しても変わらぬ情熱でサポートし続けてくれた浦和レッズというチーム、ファン・サポーターのみなさんがいたからです。何度苦しい場面に陥っても帰りを待ってくれている人たちが、僕の走り回るプレーを見せてくれという人たちが、また積極的な梅らしいプレーを期待しているという人たちが、多くいたからです。どんなときも見捨てず、待っていてくれてありがとうございました」

「最後の最後にみんなとACLのカップを掲げられたときはなんとも言い表せない感動がありました。でもそれ以上に怪我を乗り越え、みんなと喜び合えた1つひとつの瞬間が僕にとって宝物です」

「長くなりましたが、大きな決意を持って湘南でプレーします。埼スタに帰って来たときは大きなブーイングお願いします。そして、梅らしいプレーを見せます。10年間、本当にありがとうございました」

 以下、プロフィール

●MF梅崎司
(うめさき・つかさ)
■生年月日
1987年2月23日(30歳)
■身長/体重
169cm/68kg
■出身地
長崎県
■経歴
大分U-18-大分-グルノーブル(フランス)-大分-浦和

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP