beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柴崎岳所属のヘタフェ、中盤の2選手を狙う…ボルダラス監督の起用法に影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘタフェに所属するMF柴崎岳

 MF柴崎岳が所属するヘタフェが、冬の移籍市場で中盤補強に動こうとしている。

 リーガ・エスパニョーラ第17節終了時点で8位に位置しているヘタフェ。1部昇格1年目で好位置につけているが、クラブは1月の補強を目論んでいる。

 スペイン『マルカ』によると、ヘタフェはエスパニョールMFエルナン・ペレス、バレンシアMFロベルト・イバニェスを狙っているという。ただ、両選手を獲得した場合、イバニェスはレンタル放出されることになりそうだ。

 H・ペレス、イバニェスは共にサイドハーフを本職としているが、トップ下、FWなどを含め攻撃的なポジションでプレーできる。移籍が実現すればボルダラス監督はいずれかのポジションに新加入選手を組み込むことになり、ヘタフェで4-4-2のFWやサイドMFを担う柴崎にも影響があるかもしれない。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP