beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

勝ち越し弾で“先輩たち”の元へ…FC東京U-15深川MF常盤主将「まずは高円宮杯で並ぼうと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝ち越しゴールを決めたFC東京U-15深川MF常盤亨太主将(3年)

[12.28 高円宮杯全日本ユース(U-15)決勝 鳥栖U-15 2-2(PK6-5) FC東京U-15深川 味フィ西]

「もらったな、と思った」――。そんな気持ちになるのも当然であったし、気の緩みも見られなかった。それでも、結果は付いてこなかった。延長終了間際に勝ち越し弾を決めたFC東京U-15深川のMF常盤亨太主将(3年)は試合後、「優勝には届かなかったけど、プロになるための過程。ここでバネにすることが大切」と噛みしめるように話した。

 鳥栖U-15との決勝戦は前半に1点を取り合う展開も、その後はジリジリと拮抗した展開。ところが延長後半16分、「砂山思い出せ」のチャントで後押しされたキャプテンが均衡を破った。敵陣左寄りでの直接FKをMF安斎颯馬(3年)が右サイドへ送り、FW青木友佑(3年)が頭で落とすと、飛び込んだ常磐が難しいバウンドを左足で沈めた。

「もらったな、と思った」。そんな常盤は喜びを爆発させ、ゴール裏の応援団の元へ向かう。小学時代を過ごしたレジスタFCからの先輩であり、FC東京U-18のMF品田愛斗、DF岡庭愁人らが青赤のユニフォームに身を包んで陣取るエリアに駆け寄ると、一足先に高円宮杯チャンピオンシップ制覇を経験した“先輩方”と喜びを共有した。

 ところが、「うれしさもあったけど、耐えれば優勝に届くという想いでやっていた」のはつかの間。延長後半アディショナルタイムに思わぬ形で失点してしまう。GK熊倉匠(3年)の反則で間接FKを与えると、土壇場で同点被弾を喫して勝負はPK戦に。7人目までに2人が失敗し、目の前にあった3年ぶりの戴冠は夢に終わった。

「高校生の先輩を目標にして、まずは高円宮杯で並ぼうと思っていた」(常盤)。3年前の優勝は品田、岡庭らが3年時だった2014年。いまでもOBが練習を見に来ることが多くあり、「感謝をゴールで伝えられたのは良かったんですけど、優勝という形で伝えたかった」と悔やんだ。

「良い大会になった」からこそ感じた無念は、一つ上のステージで晴らすしかない。「気持ちのこもったキャプテンになりたい」という思いで、岡庭と同じ背番号5を着けていた主将は「1年生から通用するように積み上げていきたい。自分は身体能力がないので最初から出るのは厳しいと思うけど、まずは信頼を重ねていく」とU-18での新生活に思いをはせた。

(取材・文 竹内達也)
●高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)選手権特集ページ

TOP