beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台MF三田が神戸に完全移籍…「タイトルを獲るため、覚悟を持って移籍してきた」と意気込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィッセル神戸への加入が決まった仙台MF三田啓貴

 ヴィッセル神戸は29日、ベガルタ仙台MF三田啓貴(27)を完全移籍で獲得したと発表した。今季は33試合で5得点を挙げている。

 FC東京アカデミー出身の三田は13年、明治大を経てFC東京に加入。16年に仙台へ期限付き移籍し、今季から完全移籍していた。J1リーグ戦通算、124試合14得点を記録している。

 同選手は神戸の公式サイトを通じて、「ヴィッセル神戸でタイトルを獲るために覚悟を持って移籍してきました。どんな時でもひたすらに、がむしゃらにプレーすることが自分の特徴です」とアピールしている。

 また、仙台の公式サイトでもコメントを発表。攻撃の柱を失ったチームに対して、「監督をはじめスタッフ、チームメート、フロントスタッフ、ファン、サポーター、スポンサーのみなさまにはどんな時も支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。チームが変わってもベガルタ仙台を応援し続けます」と惜別の気持ちを述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP