beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「もう無理だと思った」一度はプロを諦めかけたMF藤澤、“恩人”琉球を離れ鹿児島への移籍を決断

このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球MF藤澤典隆が鹿児島に完全移籍

 鹿児島ユナイテッドFCは30日、FC琉球からMF藤澤典隆(29)が完全移籍で加入することを発表した。

 関西大出身の藤澤はJFLのSAGAWA SHIGA FCやドイツ下部リーグのクラブを渡り歩き、2014年に琉球へ加入。ここまでJ3リーグ戦通算121試合に出場し、16得点をマークしている。鹿児島のクラブ公式サイトを通じ、「J2昇格する為に全てをかけて移籍してきました。自分を必要としてくださった感謝の気持ちをプレイや結果で示したいと思いますのでよろしくお願いします」と挨拶した。

 一方、琉球のクラブ公式サイトでは移籍決断までの苦悩を明かしている。

「私には小さい頃に目指したJ1のプロのサッカー選手という夢がありました。しかし大学を卒業し紆余曲折を繰り返し、歳を重ねていくにつれて自分にはもう無理なんだと思ってました。でもその可能性をもう一度示してくれたのは紛れもなくFC琉球です。本当に感謝してもしきれません。そんな恩あるチームを昇格させる事なくこれからと言う時に去ってもいいのかと、本当に本当に悩みました」

 藤澤は「一選手として悩んだ結果環境を変えてまた一から日々を過ごし成長し、信頼や実績を掴み取る決意をしました」と決断に至った経緯を語り、「4年間藤澤という選手を叱咤激励していただきありがとうございました。琉球と共にJ 2昇格出来ることを心から願ってます。4年間本当にありがとうございました!」と感謝のメッセージを送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF藤澤典隆
(ふじさわ・のりたか)
■生年月日
1988年8月23日(29歳)
■身長/体重
170cm/64kg
■出身地
京都府
■経歴
陵成中-広島ユース-関西大-SAGAWA SHIGA FC-SCビクトリア06(ドイツ)
■出場歴
J3リーグ:121試合16得点
天皇杯:5試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP