beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

北九州内定FW佐藤颯汰が2発!!日章学園は“九州対決”へ、北陸は2年連続の初戦敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

日章学園高が初戦突破

[12.31 全国高校選手権開幕戦 北陸高1-3日章学園高 西が丘]

 第96回全国高校サッカー選手権は31日、各地で1回戦を行い、味の素フィールド西が丘では2年連続5回目出場の北陸高(福井)と2年ぶり13回目の出場となる日章学園高(宮崎)が対戦した。ギラヴァンツ北九州内定FW佐藤颯汰(3年)が2ゴールの活躍を見せた日章学園が3-1で勝利し、初戦を突破した。来年1月2日の2回戦では佐賀東(佐賀)と対戦する。

 佐藤颯を4-2-3-1のトップに据えた日章学園は素早い攻守の切り替えから流動的にポジションを入れ替え、息のあったコンビネーションから攻撃を仕掛けると、前半11分、大会注目の10番が試合を動かした。

 DF神田陸(3年)のロングフィードで裏を取った佐藤颯からMF河原淳(2年)、MF比嘉将貴(2年)とエリア内で素早くパスをつなぐ。厚みのある攻撃を仕掛け、右サイドの深い位置からDF阿部稜汰(1年)が鋭いクロス。ゴール前の佐藤颯が右足ハーフボレーで叩き込み、幸先良く先制に成功した。

 攻撃のリズムをつかんだ日章学園が一方的に攻め込み、前半21分にも追加点。佐藤颯が相手のミスを見逃さず、DF堀圭吾(3年)のパスを高い位置で奪取。トラップから素早くエリア内に進入し、右足シュートをゴール左隅に突き刺した。

 佐藤颯の連続ゴールで2-0にリードを広げた日章学園。大会初勝利を目指す北陸も意地を見せ、直後にセットプレーから1点を返す。前半23分、MF坂東陽優吾(3年)が右足で右CKを蹴り込むと、ニアサイドに飛び込んだDF杉村勇輔(3年)が強烈ヘッドで叩き込み、1点差に詰め寄った。

 前半35分、日章学園は早くも交代カードを切り、MF河野翼(3年)に代えてFW鈴木陽介(1年)を投入。4-4-2にフォーメーションを変更し、鈴木と佐藤颯が2トップを形成。MF比嘉将貴(2年)がトップ下からボランチの位置に下がった。前半アディショナルタイム、北陸はFW小幡暉(3年)がPA右手前から右足ミドルでゴールを脅かしたが、追加点とはならなかった。

 2-1と日章学園が1点リードで折り返した後半は拮抗した展開が続く。北陸は出足鋭いプレッシングからボールを奪うが、決定機にはつながらない。対する日章学園は後半22分、2枚目の交代枠でMF恩塚幸之介(3年)に代えてFW木津蒼(3年)を投入。杉村と木津が2トップを形成し、佐藤颯は右サイドハーフに下がった。

 交代策から再び攻勢を強める日章学園はMF佐藤詩響(3年)や鈴木がミドルレンジからシュートを連発。最後まで攻撃の手を緩めず、後半40分には佐藤詩の絶妙なスルーパスで抜け出した鈴木がGKとの1対1から冷静に右足シュートを流し込み、ダメ押しの3点目。日章学園が3-1で勝利し、2回戦進出を決めた。

 総体で初戦敗退を喫した日章学園が雪辱の全国1勝も、早稲田一男監督は「最悪です。この一年間、何をやってきたのか分からないくらい中身のないゲーム。イージーミスが多い。連動した人とボールの動きが乏しかった」と辛口。中1日で臨む来年1月2日の2回戦は30日の開幕戦を制した佐賀東(佐賀)との“九州対決”。指揮官は「もっと普段やっているサッカーを全面に出して勝てたら。今日のような内容のゲームだったら勝てない」と手綱を締めた。

 大会初勝利を目指した北陸は悲願達成とはならず、2年連続の初戦敗退。それでも、松本吉英監督は「選手が持っているものは十分発揮できた」と選手たちの奮闘を称えると、顧問就任から3度目の選手権で生まれた初めてのゴールを「“初得点”はうれしかったです」と笑顔で振り返った。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 佐藤亜希子)

●【特設】高校選手権2017

TOP