beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東福岡がV奪還へ3発発進!!「持ち味」の堅守で尚志を完封

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半アディショナルタイム、ダメ押しの直接FKを決めたMF木橋朋暉にMF福田湧矢が抱きつく

[12.31 全国高校選手権1回戦 尚志高0-3東福岡高 等々力]

 第96回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦を行い、等々力陸上競技場の第1試合では東福岡高(福岡)が尚志高(福島)を3-0で下し、初戦を突破した。来年1月2日の2回戦では富山一高(富山)と対戦する。

 東福岡はMF福田湧矢主将(3年、G大阪内定)、MF田村和玖人(3年)、MF青木真生都(3年)の中盤3枚が抜群のキープ力とテクニックで攻撃を組み立て、両サイドからチャンスをうかがった。しかし、尚志も球際で厳しく競り合い、決定的な場面はつくらせない。逆にシンプルなカウンターとセットプレーで東福岡ゴールに迫る場面をつくった。

 東福岡の森重潤也監督が「尚志も力のあるチーム。そんな簡単に点が入るとは思っていなかった。球際やスピードのところで押し負けている感じはした」と振り返った序盤戦。尚志は前半22分、GK宗像利公(3年)からのロングキックをフリックしたボールにMF加野赳瑠(3年)が反応し、シュートまで持ち込んだが、GK松田亮(2年)にキャッチされた。同24分にはPA右手前の絶好の位置からDF沼田皇海(2年)が左足で直接FKを狙うが、壁をかすめてクロスバーを越えた。

 前半25分にもカウンターからFW二瓶由嵩(2年)の横パスをFW中井崇仁主将(3年)が左足ミドルで狙ったが、GKの正面を突いた尚志。同32分にはPA右の角度のない位置でFKを獲得すると、沼田が再び左足で直接狙ったが、GK松田の手をかすめたボールは惜しくもクロスバーを叩いた。

 ヒヤリとさせられた東福岡だったが、直後に先制点を奪う。前半33分、MF木橋朋暉(3年)が左サイドのゴールライン際をドリブル突破。マイナスに折り返したところにMF沖野直哉(3年)が走り込み、左足で流し込んだ。森重監督も「落ち着いてサイドを崩して点を取った。沖野が入ってくるタイミングで点で合わせたクロス」と納得の形。少ないチャンスを確実に生かし、嫌な時間帯でリードを奪った。

 東福岡は1-0で折り返した後半開始からDF西田翔央(2年)に代わってDF斉藤諒(3年)がセンターバックに入った。加野の突破をU-18日本代表DF阿部海大(3年、岡山内定)が1対1で止めるなど、尚志に反撃を許さず、果敢に追加点を狙う。後半16分、木橋の右FKからファーサイドのDF長尾宏清(3年)がヘディングで叩きつけるが、GK宗像がセーブ。同19分のFW守田怜司(3年)のミドルシュートもGKの正面を突いた。

 尚志は後半20分、加野に代えてFW十鳥仁寛(3年)を投入。同29分に沼田に代えてDF黒澤誓哉(2年)、同30分にはMF長谷秀皐(3年)に代えてMF加瀬直輝(2年)をピッチに送り込むなど、次々と選手を入れ替えたが、1点が遠かった。

 逆に東福岡は後半33分、途中出場のMF福田翔生(2年)がPA内に切れ込み、GKと1対1からシュート。これはGK宗像の好守に阻まれたが、こぼれ球を拾った福田湧が宗像のファウルを誘い、PKを獲得した。自らキッカーを務めた福田湧は冷静にGKの逆を突き、ゴール右に流し込む追加点。2-0と勝利を決定づけた。

 後半アディショナルタイムにはPA右から木橋が左足でニアサイドを破る圧巻の直接FK弾。3-0とダメを押すと、守備陣も無失点に抑え、初戦を完封勝利で飾った。福岡県予選も4試合連続完封で5大会連続の全国切符をつかんだ東福岡。キャプテンの福田湧は「選手権は5年連続で出ているけど、(県予選無失点は)ずっとなかった。今は守備がこのチームの持ち味」と胸を張る。伝統のサイド攻撃からの攻撃力に堅守も備えた“赤い彗星”が2大会ぶりの王座奪還へ、まずは第一関門を突破した。

(取材・文 西山紘平)

●【特設】高校選手権2017

TOP