beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FW佐藤一輝が今大会初ハット!! セットプレー3発の仙台育英、粘りに粘った高松商を下す

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW佐藤一輝(3年、背番号9)のハットトリックで勝利した仙台育英高

[12.31 全国高校選手権1回戦 仙台育英高3-2高松商高 ニッパツ]

 第96回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦15試合を行った。ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川)の第2試合では、仙台育英高(宮城)が高松商高(香川)に3-2で競り勝った。来年1月2日の2回戦では、米子北高(鳥取)と対戦する。

 前半は仙台育英のセットプレーが猛威を振るった。5分、左サイドで獲得したFKをDF石川巧実(3年)がゴール前に蹴り込み、相手DFがクリアミス。低くこぼれたボールをFW佐藤一輝(3年)がワンタッチで蹴り込み、早々にリードを奪うことに成功した。

 負けじと高松商もMF河野龍雅(3年)、FW池谷柊斗(3年)が立て続けにゴールに迫ったが、ポストに阻まれて決め切ることができず。その後はフィジカルと球際の強さで上回った仙台育英攻撃陣を前に、防戦一方の展開が続いた。

 すると前半アディショナルタイム1分、仙台育英は右サイドでFKを獲得し、1点目と同様にキッカーの石川が長いボールを配給。高松商守備陣はまたしてもクリアできず、PA内でバウンドしたボールをMF佐藤圭太(3年)が頭でつなぐと、再び佐藤一が頭で押し込み、「良い時間帯」(城福敬監督)に追加点を獲得した。

 2点のリードを奪った仙台育英だったが、いずれもセットプレーで押し切った形であり、「流れは悪かった」と城福監督。シュート数は相手の2倍にあたる6本を数えたが、「サイド攻撃で枠を外してしまい、取れるべきところで取れていなかった」と満足のいく前半ではなかったという。

 そんな悪い予感が当たり、後半はハーフタイムにアジリティーの高いFW西村陸(3年)を投入した高松商の猛攻を受ける形となる。すると後半11分、前半に2得点を挙げていた佐藤一のバックパスが流れると、拾った池谷が素早く縦パスを供給。右サイドを抜け出したMF中野瑛登(3年)がドリブルで切れ込むと、カットインで相手守備陣をかわしてニアサイドに流し込み、待望の1点を返した。

 さらに直後、高松商は池谷に代わってFW横内和眞(3年)を入れると、後半18分、追撃の勢いそのままに試合を振り出しに戻す。DF林健信(3年)のロングボールに抜け出した西村が左サイドを突破すると、左足シュートで相手GK佐藤文太(1年)を強襲。起用されたばかりの横内がこぼれ球を押し込み、敗色濃厚だったアウェースタンドは歓喜に沸いた。

「後半は相手の早い攻撃に対し、受け身で始まるのは予想の範囲内。そこで点を取りに行くのではなく、正確にプレーしようと話していた」と後半の狙いを振り返ったのは城福監督。ところが、ミスを起点に2失点が続いてしまい、「2点のリードはああいう一つのプレーで流れが変わってしまう」と悔やんだ。

 その後は一進一退の攻防。仙台育英は途中投入のMF結城陽向(2年)が凄まじいスピードで抜け出し、高松商は西村を中心に素早いボールアプローチから攻撃を試みたが、互いにチャンスを生かせないまま時間が過ぎる。アディショナルタイムは3分、決定機をつくり出せないまま、このままPK戦に入るかと思われた。

 ところが後半アディショナルタイム3分、仙台育英は敵陣右サイド約25mの位置でFKを獲得すると、「本当は代えるつもりだった」(城福監督)というDF貝森海斗(3年)が左足で鋭いキックを送る。高松商守備陣がボールウォッチャーになったところで、ゴール前で反応したのは三たび佐藤一。豪快なヘディングでネットを揺らし、今大会初のハットトリックは劇的な決勝点となった。

 城福監督は「セットプレーが得点を分けるというのは理解している」と勝因を口にしつつ、「最後に取れたのはラッキーだった」とホッとした様子。「自分たちスタッフはPK戦に入る前提で動いていたが、懸命に点を取りに行くという覚悟を見せてくれた」と選手たちをねぎらった。

 2回戦の相手はプレミアリーグEASTに所属する米子北。指揮官は「切り替えは早いし、球際は強い。まさしく挑戦者の気持ちで臨んでいく」と厳しい戦いになると分析する。とはいえ、やすやすと道を譲るつもりはない。「濃い中身の80分間で、良い教訓になった」という試合を経験したチームの成長を踏まえ、「一泡吹かせたいね」と不敵な笑みを見せた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 竹内達也)
●【特設】高校選手権2017

TOP