beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

都道府県予選決勝敗退も、活躍、個性光った選手たち48選(西日本編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

履正社高FW町野修斗は大阪府決勝で同点ヘッド

 第96回全国高校サッカー選手権は1月2日に2回戦が行われる。都道府県予選を勝ち抜いた48校の選手たちが全国大会で熱戦を繰り広げているが、今回は都道府県予選決勝敗退校の選手に注目。各予選準優勝校から個性、活躍の光った選手を一人ずつ、計48人ピックアップする。第2回は三重県~沖縄県までの西日本24選手を紹介。

四日市中央工高FW森夢真(1年)
「予選全試合でゴールを決めた四中工のスーパールーキー。抜け出しからゴールへ迫り、1ゴール」

近江高FW槙山佳佑(2年)
「1、2年生軍団のチームリーダー。前への推進力ある動きとパンチのある左足シュートが光った」

久御山高MF小森優輝(3年)
「2年前にインハイ16強を経験。チームのコントロールタワーであり、守備の要。ボールを奪う感覚の持ち主」

履正社高FW町野修斗(3年)
「一見難しいように映るシュートを難なくゴールへ決めて見せるストライカー。決勝でも同点ヘッド。横浜FM内定」

関西学院高DF網谷周世(1年)
「CB三輪愛大との1年生CBコンビが滝二相手に奮戦。網谷はPA付近で相手に自由を与えず、ヘッドでも強さを見せた」

奈良育英高FW奥村空(3年)
「県予選で2ケタ得点を記録した長身ストライカー。県決勝では胸トラップからの反転シュートで勝ち越し弾」

近大和歌山高MF伊藤彰悟(2年)
「昨年、兄が務めていたボランチのポジションを引き継ぐ。相手を見ながらボールを動かし、球際の強さも発揮」

鳥取城北高MF 吉田響稀(3年)
「高い攻撃力を持つレフティー。攻撃の起点となるMFは前線のFW西尾玲哉にボールを集めて相手守備網の打開を図った」

大社高MF曽田一騎(3年)
「粘り強い守備からの速攻で立正大淞南を苦しめた大社の攻撃の軸。落ちついて周りを見る力と技術を併せ持つ」

岡山学芸館高MF池平直樹(3年)
「中国地区屈指の司令塔。相手のDF間を正確に通すパス、広い視野チームにリズムを生み出す」

瀬戸内高FW藤原雅弥(3年)
「鋭い縦へのドリブルで相手の懐へ切れ込むアタッカー。カットインからのシュートも」

西京高MF宗野裕斗(3年)
「MF村里尋也(2年)とのボランチコンビは印象的。中でも宗野はキープ力と身体を張った守備。そして同点ミドルも」

四国学院大香川西高FW高木慎也(3年)
「一瞬でDFの背後を取るスピード、クロスバー直撃のFKなどゴールに迫り続け、終了間際に意地の1ゴール」

徳島市立高MF岡健太(2年)
「50m走5秒8という快足アタッカー。エース小延将大(3年)とのコンビネーションから決定的なシュートも」

今治東中等教育学校MF伊藤綾哉(3年)
「抜群のスピードを活かしたドリブルが武器。個でDFを振り切り、チャンスを生み出した」

明徳義塾高MF江口隆史(3年)
「四国屈指のボランチ。1年時からレギュラーの主将は左右両足から繰り出すミドルパス、球際の強さで存在感」

筑陽学園高MF梶原和希(3年)
「全国的には無名だが、九州の隠れた名手。180cm近い長身でドリブルの切れと高精度の右足を備える」

佐賀学園高MF中島廉史(3年)
「“学園のメッシ”はカウンターの中心に。果敢なドリブルと得意の左足FKからチャンスを作り出した」

長崎日大高 FW高比良慶太(3年)
「鋭い抜け出しと、PAでの深い切り返しを交えたドリブルで長崎総科大附を苦しめ、PK獲得も」

大津高DF吉村仁志(2年)
「抜群の打点から繰り出すヘッドはインパクト十分。非常にダイナミックな動きで相手の攻撃を跳ね返していた」

鶴崎工高FW松下稜河(2年)
「県予選で3戦連発。攻撃の起点となりながら、鋭い突破とシュートでゴールへ迫る」

都城工高GK有村大星(3年)
「勇気ある飛び出しとシュートセーブで日章学園の決定機を阻止。後半途中から3失点したものの、チームの支えに」

鹿児島城西高DF生駒仁(3年)
「横浜FM内定。的確なカバーリングなどで神村学園を無得点に封じ、正確なキックでMF保枝怜哉(3年)らのアタックに繋げた」

浦添高FW西里恒則(3年)
「勇敢な姿勢でゴールへ迫るスピードスター。セットプレー、ミドルシュートから1点を目指した」


●【特設】高校選手権2017

TOP