beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

注目は後輩CBに集中も、流経大柏CB瀬戸山「郁万には郁万の仕事があって、自分には自分の仕事がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大柏高CB瀬戸山俊は完封勝利に貢献。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.6 全国高校選手権準決勝 流通経済大柏高 1-0 矢板中央高 埼玉]

 1-0で完封勝利。流通経済大柏高にとっては、なかなか得点することができない展開だったが、初戦から全3試合無失点で勝ち上がってきているDF陣には落ち着きがあった。

 DFリーダーのCB瀬戸山俊(3年)は「日章(学園)戦も後半半ばまで入っていなかった。後ろが焦れずにやれば前が決めてくれると思っていた」と振り返る。矢板中央高は前半、190cmFW望月謙(2年)にボールを集め、セカンドボールを拾って攻撃。後半からはMF山下育海(3年)やMF板橋幸大(2年)らタイプの違うアタッカーを投入して流経大柏ゴールを狙ってきた。

 それでも流経大柏は事前に相手アタッカーの投入タイミングや特長を共有。瀬戸山は「やる前からこういう特長がある選手と耳にしていたので、どの選手が来ても対応できるように言われていた」と振り返り、本田裕一郎監督が「それほど選手たちは驚かなかったと思います」と準備と対応が上手く行ったことを口にしていた。

 最終ラインの柱としてチームの勝利に貢献している瀬戸山だが、世間の注目やメディアの取材はパートナーのCB関川郁万(2年)に集中。それでも後輩が注目されることが気にならないという瀬戸山は「郁万には郁万の仕事があって、自分には自分の仕事がある。自分の仕事をやって決勝でも勝てればいい。郁万が強くチャレンジに行くのでチャレンジに行った分、自分がカバーしたいですね」と力を込めた。

 決勝で対戦する前橋育英について「個の選手の能力が高い。組織的に崩してくる。FWもデカイので結構手強い」と警戒している。今年2度対戦したプリンスリーグ関東ではいずれも3失点。だが、インターハイ準決勝で1-0のスコアで勝利しているように、今回も無失点に封じて99年度の市立船橋高(千葉)以来となる無失点Vを達成する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2017

TOP