beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プロ25年目へ…元日本代表守護神・GK川口能活が相模原と契約更新

このエントリーをはてなブックマークに追加

GK川口能活(42)は25年目のシーズンに突入する

 SC相模原は7日、GK川口能活(42)との2018年シーズンの契約を更新したと発表した。

 96年アトランタ五輪で大ブレイクを果たし、98年フランスW杯、02年日韓W杯、06年ドイツW杯、10年南アフリカW杯を経験した日本の守護神が25年目のシーズンに突入する。16年シーズンにFC岐阜から相模原に加入した川口。41歳11か月1日で迎えた今季J3第17節で先発フル出場を果たし、J3リーグ戦最年長出場記録を更新。今季はリーグ戦18試合に出場した。

 川口はクラブ公式サイトを通じて、「今季もSC相模原でプレー出来る事に感謝し、チームを愛するサポーターの皆様の期待に応えられるように全力で戦います」とコメントしている。

以下、クラブ発表のプロフィール

●GK川口能活
(かわぐち・よしかつ)
■生年月日
1975年8月15日(42歳)
■身長/体重
180cm/77kg
■出身地
静岡県富士市
■経歴
東海大一中-清水商高-横浜FM-ポーツマス(イングランド)-ノアシュラン(デンマーク)-磐田-岐阜
■出場歴
J1リーグ:421試合
J2リーグ:43試合
J3リーグ:37試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP