beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏木にも「キックでは負けないように」浦和ユースから昇格の荻原、左足へのこだわり

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和ユースからトップチームに昇格したDF荻原拓也

 左足への強いこだわりを見せた。浦和ユースからトップチームに昇格した浦和レッズDF荻原拓也は「左足のキックは自分の武器。これからもどんどん磨いて、精度を上げていきたい」と抱負を述べた。

 左足から繰り出す精度の高いキックとスピードに乗った突破力が魅力の左サイドバックは「1年前はユースでも試合に出られていなかった。去年1年間を通して大きく成長できて、プロのスタートラインに立つことができた」と、一時は「壁を感じていた」というプロへの扉を開き、トップ昇格を勝ち取った。

 堀孝史監督の下、4-1-4-1をベースとするトップチームで主に左サイドバックを務めるのはDF宇賀神友弥とDF槙野智章。左サイドバックを“本職”とする選手が少ないチーム状況もあり、「いつチャンスが来るかは分からない。チャンスが来たときにしっかりつかめるようにしたい」と意欲的に話した。

 左足のプレースキッカーにはMF柏木陽介がいるが、「(セットプレーの)キッカーを目指している」と話す荻原は「キックでは負けないように頑張りたい」と意気込んだ。

(取材・文 西山紘平)

●2018シーズン新体制&背番号一覧
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP