beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スアレス2発!メッシFK弾でダメ押し!バルサ、2点ビハインドから逆転勝利で5連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWルイス・スアレスが2ゴールの活躍

[1.14 リーガ・エスパニョーラ第19節 ソシエダ2-4バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラは14日、第19節を行い、バルセロナは敵地でソシエダと対戦し、4-2で逆転勝利をおさめた。

 先手を取ったのはソシエダだった。前半11分、右サイドからのアーリークロスに飛び込んだFWウィリアン・ジョゼがダイビングヘッドで叩きつけ、先制点。さらに前半34分、浮き球パスでPA内でに抜け出したFWファンミが右45度の位置から右足を振り抜くと、DFセルジ・ロベルトに当たってコースが変わったボールがゴールに吸い込まれた。

 2点のビハインドを負ったバルサだったが、ここから反撃に出る。前半39分、スルーパスに抜け出して左サイドをえぐったFWルイス・スアレスがPA内でラストパス。MFパウリーニョが右足シュートで押し込み、1-2で前半を折り返した。

 後半開始早々、バルサが試合を振り出しに戻す。後半6分、PA内左でFWリオネル・メッシのパスを受けたスアレスが鋭い右足ループをゴール右上隅に突き刺し、2-2。さらに後半26分、ソシエダGKヘロニモ・ルジのゴールキックをDFトーマス・ヴェルメーレンがヘディングで跳ね返すと、こぼれ球に猛然と走り込んだスアレスがGKとの1対1を制した。

 スアレスの連続ゴールで3-2と逆転に成功。後半40分にはメッシがPA左手前から直接FKを沈め、ダメ押しの4点目。4-2で逆転勝利をおさめたバルサは無敗(16勝3分)をキープし、5連勝とした。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP