beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

20歳デンベレに再び悲劇…4か月ぶり復帰も左太腿負傷で再離脱

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウスマン・デンベレ(20)が再び怪我で離脱

 バルセロナに所属するMFウスマン・デンベレ(20)が再び怪我で離脱するようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

 昨夏、移籍金1億500万ユーロ(約136億円)でドルトムントから加入したデンベレは、9月16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節ヘタフェ戦で負傷。左大腿二頭筋の腱断裂により、全治3~4か月と診断された。

 長期離脱を経て、今月4日のコパ・デル・レイ5回戦セルタ戦で途中出場し、復帰を果たしたが、わずか10日間のうちに再び離脱を強いられることになった。14日に行われたリーガ第19節ソシエダ戦に後半20分から登場も、試合後に足の違和感を訴えて治療を行った。その結果、左大腿部半腱様筋の負傷が確認され、約3~4週間ほど離脱するという。

 また、バルセロナはMFアンドレス・イニエスタが右足ふくらはぎを負傷したことも併せて発表。こちらは今後の経過を見守るとのことだ。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP