beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

一撃必殺のスルーパス炸裂! 森岡が2点に絡んだベフェレン、冨安移籍のシントトロイデンに快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールに絡んだMF森岡亮太

[1.20 ベルギーリーグ第22節 ベフェレン3-1シントトロイデン]

 ベルギーリーグ第22節が20日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンはホームでシントトロイデンと対戦し、3-1で勝利した。リーグ再開初戦を制し、4試合ぶりの白星。森岡は開幕22試合連続でスタメン出場し、1アシストを含む2得点に絡んだ。また、今月8日に福岡からシントトロイデンへの完全移籍が発表されたDF冨安健洋はメンバー外となっている。

 ベフェレンは前半12分、DFエアディン・デミルが森岡とのワンツーで左サイドを抜け出し、左足で低く速いクロスを送ると、DFディミトリオス・グタスのオウンゴールを誘発して先制に成功する。

 前半15分には森岡が魅せた。相手FKの二次攻撃をチームとして防ぎ、自陣中央へ流れたボールを拾った森岡が右足で球足の長いスルーパスを送る。一発で抜け出したFWアレクサンダル・ボリェビッチが飛び出した相手GKをかわし、PA後方右からガラ空きのゴールへ右足で流し込んだ。

 直後の前半16分にシントトロイデンのFWイゴール・ベトケレに一瞬の隙を突かれ、1点を返されたが、後半14分に再び突き放す。MFオポク・アンポマーが獲得したPKをFWイサーク・キーセ・テリンが決め、そのまま3-1でタイムアップ。敗れたシントトロイデンは2連敗となった。

●海外組ガイド

TOP