beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中島翔哉はPKキッカー任されるも失敗…ポルティモネンセは7戦未勝利に

このエントリーをはてなブックマークに追加

PKを決めきれなかった中島翔哉

 MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは20日、ポルトガルリーグ第19節でブラガをホームに迎え、1-2で敗れた。

 昨年11月25日のトンデラ戦以降、6試合勝利がない(3分3敗)ポルティモネンセは、開始10分で2ゴールを許す苦しい展開。前半12分には、MFパウリーニョがPKを獲得したが、キッカーを任された中島がクロスバー上に外してしまい、悪い流れを断ち切ることができなかった。

 それでもポルティモネンセは、後半開始から投入した元鹿島FWファブリシオが11分にPKから1点を返す。しかし、同点ゴールが遠く、1-2のままタイムアップ。中島はフル出場し、何度も相手の守備を崩そうと試みたが、前半のPK失敗は痛かった。

●海外組ガイド

TOP