beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[PSM]豊富な新戦力が躍動!! 昨季J2優勝・湘南が好スタート…福島も大卒新人が見せ場

このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレが2-0で勝利した

[1.21 PSM 湘南2-0福島 BMWス]

 湘南ベルマーレ福島ユナイテッドFCのプレシーズンマッチ「SHONAN×FUKUSHIMAフットボールフェスティバル2018」が21日、Shonan BMWスタジアム平塚で行われ、湘南が2-0で勝利した。

 2013年から業務提携を行っている両チームにとって、2018年初めてとなるプレシーズンマッチ。いずれも11日にトレーニングを始動し、新シーズンに向けたチーム作りを進めるなか、新戦力中心のメンバー構成で臨んだ。

 3-4-2-1の湘南は今季から加入したGK富居大樹(←山形)、DF大野和成(←新潟)、DF坂圭祐(←順天堂大)が守備陣を組織。さらにMF小林祐介(←柏)、MFミキッチ(←広島)、、FW新井光(←市立長野高)、FWアレン・ステバノヴィッチ(←パルチザン・ベオグラード)も先発起用した。

 一方の福島は先発4人が新加入組。DF宇佐美宏和(←山形)、DF阪田章裕(←長野)らJ2経験が豊富なDF陣の他、湘南ベルマーレユースからトップチームに昇格し、初年度から期限付き移籍しているFW和田響稀東京国際大から加わったMF川上翔平がピッチに立った。

 試合はサイドを広く使って攻める湘南に対し、福島が受けに回る形で進んだ。前半8分、左サイドを突破したMF高山薫のクロスにFW端戸仁が飛び込んだが、惜しくも合わず。同10分には右サイドのミキッチがクロスを送り、ファーサイドで高山が頭で合わせるも、ボールは大きく右に外れた。

 福島は突破力のある湘南の両ウイングバックに、サイドハーフのFW田村翔太と川上がマンツーマン気味に付くことで対応するが、2トップのFW樋口寛規と和田にうまくボールを入れられず、攻撃の形をつくれない。前半13分には、川上が得意の左足でカットインシュートを放ったが、大きく枠を外れて単発に終わった。

 湘南は前半18分、MF秋野央樹の縦パスを受けたステバノヴィッチがドリブルシュートを披露。同20分には、小林を起点とした攻撃から高山が左サイドを突破し、新井の折り返しに反応した端戸がボレーで狙うなど、徐々に攻勢を強めていった。

 そうして迎えた前半35分、湘南がついにスコアを動かす。自陣からのロングボールに抜け出した途中出場のFW野田隆之介がPA内左でボールをキープすると、味方の攻め上がりを待ってふんわりとした浮き球パスを配給。ゴール前に走り込んだ高山がボレーで流し込み、待望の先制点を奪った。

 1-0で迎えたハーフタイム、湘南は8人を交代。DF山根視来、DF杉岡大暉ら昨季の主力メンバーに加えて、国士舘大から加入した155cmのFW山口和樹、昨季の特別指定選手登録を経て鹿屋体育大から加わったMF松田天馬らが投入された。

 対する福島も9人の交代を敢行。新戦力では、神戸から加入した20歳のDF東隼也日本体育大からのMF輪笠祐士神奈川大から加わったDF寺前光太早稲田大4年時の昨季、関東大学リーグ2部で得点王に輝いたFW武颯東山高出身のFW池田昌生がピッチに入った。

 後半は2トップを組む武とMF三橋秀平が最終ラインと駆け引きしつつ、サイドハーフが高い位置を取った福島が盛り返す場面をつくる。18分、MF橋本裕貴の突破で湘南守備陣を押し込むと、19分にはこぼれ球に反応したMF平秀斗がボレーシュート。徐々に相手ゴールに近づいていった。

 一方の湘南もJ1昇格クラブの意地を見せつけ、なかなか主導権を渡さない。後半21分、右サイドを駆け上がった山根のクロスは山口に合わなかったが、同22分、再び山根のクロスがゴール前に上がると、松田がヘディングシュート。同25分には、鈴木がPA内左の単独突破でゴールを脅かした。

 湘南は終盤、ユースから昇格したGK真田幸太、ユース所属で高校1年生のMF柴田壮介を投入し、フレッシュな陣容で追加点を狙う。すると後半39分、山口のスルーパスに抜け出した柴田がGKとの1対1を迎え、落ち着いた動きで左足シュート。これがネットを揺らし、スコアを2-0とした。

 その後は2点のビハインドを負った福島が押し込む時間が続き、終始ロングボールでチャンスをつくっていたDF鴨志田誉の突破や三橋と武のフリーランで敵陣に攻め込む。それでも最後まで集中を切らさない湘南守備陣を破ることはできず、そのままタイムアップのホイッスルを迎えた。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018シーズン新体制&背番号一覧
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP