beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]流通経済大柏GK薄井覇斗(3年)「オビがいるうちに追い越したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

GK薄井覇斗流通経済大柏高の守護神としてインターハイ優勝、選手権準優勝

 第96回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜選考合宿が19日から21日まで大阪府内で行われた。最終的に18名が日本高校選抜として3月末から欧州遠征を行い、第56回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 GK薄井覇斗(3年)は流通経済大柏高(千葉)の守護神として、インターハイ優勝、選手権準優勝。声でDFラインを動かしながら、要所で好守を見せていたGKは選手権で初戦から準決勝まで全て無失点だった。決勝の後半アディショナルタイムに初失点して準優勝に終わったものの、シーズンを通して活躍を見せた薄井が今冬の選手権についてや、高校選抜、18年の意気込みについて語った。

―高校選手権を振り返って。個人的に発揮できたこと、出しきれなかったことは?
「できたこととしては決勝で失点してしまったんですけれども、それまではコーチングの面だったり、失点を未然に防ぐということができたので、その部分はインハイから続けてできたと思います。ダメだったところはプレーのコンディションを上げきれなかったことですね。キックの部分とか、たまたまあまり枠にシュートが来なかったから良かったですけれども、反応の部分などもまだまだ遅い部分があった。枠に入っていれば決められていたかなという部分が多かったので、そのプレーの質を上げきれなかったのは課題ですね」

―日本高校選抜候補合宿に参加して感じたこと。
「最初思ったのはみんなあまり動いて来なかったのかなと(笑)。疲労が溜まっていくのが早いのかなと感じました」

―日本高校選抜欧州遠征メンバー入りへの意気込みを。
「今日(1月20日)も失点しませんでしたし、無失点にこだわらなければいけない。(デュッセルドルフ国際ユース大会は)25分ハーフらしいので、失点して守りに入られると時間がなくて難しくなってしまう。そういった部分では今日も無失点で終われましたし、こだわればメンバーにも入れると思います」

―外国人選手相手に試したい部分。自分自身の強みと課題について。
「シュートをどれだけ止められるかという部分が特に試したいんですけれども、自分のキックからチャンスメークできたら良いのかなと思っています。課題はキックの精度や距離のところ、安定感がまだ足りないかなと思います。強みは現在失点していないところ。シュートをそんなに打たれていないというのもあるんですけれども、ゼロで終わるということができているのは少しでも役に立てているのかなと思っています」

―高校3年間を通して学んだこと。
「失点しなければ勝てるという面ですね。無失点で終われている試合はPKまで行けば自分が止めますし、本当に相手に得点を与えないことを学びましたね」

―2018年の目標を。
「(流通経済大は)最初はトップチームにオビ(・パウエル・オビンナ、新3年)がいるので、トップに絡んでメンバーに入れるようになって、できればオビがいるうちに追い越したいなと思っています。(流大から)プロを目指します」

(取材・文 吉田太郎)
●富士ゼロックススーパー杯2018特集
●【特設】高校選手権2017

●2018日本高校選抜欧州遠征特設ページ

TOP