beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新戦力ムヒタリアンの気になる点!? ベンゲル「彼に短所があるとしたら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルに加入したMFヘンリク・ムヒタリアン

 アーセナルアーセン・ベンゲル監督は、FWアレクシス・サンチェスとのトレードでに加入したMFヘンリク・ムヒタリアンに大きな期待を寄せつつ、一つ物足りない部分があることを明かしている。英紙『ミラー』が伝えた。

「ヘンリクは非常に完成された選手だよ。チャンスを生み出す力もあるし、守備もうまい。非常に献身的だし、あらゆる能力を備えた選手と言っていい」

 29歳のアルメリア代表の能力を絶賛するベンゲル監督は、ピッチ外でもチームに与える影響は大きいとしている。「彼は経験のある選手だ。我々のベンチには若い選手が多いが、彼らをまとめ上げるような存在が必要なんだ」。

 一方で「彼に短所があるとしたら…」と答えると、「少々ゴールが足りないところかもね」と続けた。プレミア初年度となった昨季は24試合4得点、2年目の今季は15試合1得点のムヒタリアン。一方、放出したサンチェスは昨季38試合24得点、今季19試合7得点を記録しており、ムヒタリアンの得点力には少々物足りなさを感じているようだ。

「だが、その点もドンドン良くなるはずだ。彼がキャリアでどれだけのゴールを決めてきたかを見れば、その数字に驚かされるだろう」。指揮官の期待に応えるような結果を、ムヒタリアンは残すことができるだろうか。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP