beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ムヒタリアンの背番号は「7」に決定も…ELでは同番号を着けられない!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルに加入したMFヘンリク・ムヒタリアン

 FWアレクシス・サンチェスとのトレードで、マンチェスター・ユナイテッドからアーセナルに加入したMFヘンリク・ムヒタリアンの背番号が7に決定したと発表された。

 アーセナルの背番号7は、近年ではロベール・ピレス氏やトマシュ・ロシツキー氏が背負い、昨季からはムヒタリアンと入れ替わりで移籍したA・サンチェスが着けていた。7番を受け継ぐ形となったムヒタリアンだが、ヨーロッパリーグ(EL)では7番を着けられないことをクラブ公式ウェブサイトが伝えている。

 UEFAの規定により、同一大会で同じ背番号を異なる選手が着用することはできないと説明されており、昨年9月のケルン戦で7番を着けたA・サンチェスが出場しているため、ムヒタリアンがELに出場する際には異なる背番号でピッチに立つことになるようだ。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP