beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森岡亮太が2戦連続となる今季11アシスト目…ベフェレンは2度追いつかれドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF森岡亮太は2試合連続でアシスト

[1.24 ベルギーリーグ第23節 アンデルレヒト2-2ベフェレン]

 ベルギーリーグ第23節が24日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンは敵地でアンデルレヒトと対戦し、2-2で引き分けた。森岡は開幕23試合連続でスタメン出場し、2戦連続となる今季11アシスト目を記録している。

 昨年10月以来の連勝を狙うベフェレンは前半11分に先制。右サイドのFWアレクサンダル・ボリェビッチが中央の森岡につなぐと、森岡は相手DFにつぶされる直前にワンタッチで左横にパスを出す。MFオポク・アンポマーがファーストタッチでPA内やや左に持ち込み、落ち着いて右足で流し込んだ。

 森岡は前節のシントトロイデン戦(3-1)に続き、2試合連続のゴール演出で今季11アシスト目。しかし、ベフェレンは前半40分にアンデルレヒトのFWウカシュ・テオドルチクにFKのこぼれ球を押し込まれ、1-1で前半を折り返した。

 後半はスコアが動かない時間が続いた中、ベフェレンは後半35分にボリェビッチがPA内右で倒され、PKを獲得する。同36分にキッカーのFWイサーク・キーセ・テリンが沈めて再びリードを奪うが、直後の同38分に自陣PA内左から送られたクロスをMFケニー・ハサン・サイフに蹴り込まれ、同点弾を献上。森岡は同45分に途中交代となり、試合はそのまま2-2で終了して勝ち点1を分け合う結果となった。

●海外組ガイド

TOP