beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

決勝アシストは17歳DF…小林フル出場のヘーレンフェーンが3戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

フル出場で勝利に貢献したMF小林祐希

[1.26 エールディビジ第20節 ヘーレンフェーン2-1スパルタ・ロッテルダム]

 エールディビジ第20節が26日に行われ、MF小林祐希の所属する9位ヘーレンフェーンはホームで最下位スパルタ・ロッテルダムと対戦し、2-1で勝利した。リーグ再開2戦目で新年初白星を挙げ、3試合ぶりに勝ち点3を獲得。開幕20試合連続スタメンの小林はフル出場した。

 前半3分にCKの流れからDFユリアン・ハボートに頭で押し込まれ、最下位チームを相手に先制を許したヘーレンフェーンだったが、同15分に追いつく。

 FWレザ・グーチャンネジャドが自陣で起点となってカウンターを仕掛けると、ボールをもらったFWアーバー・ゼネリが長い距離をドリブル。右横で並走していたグーチャンネジャドがPA内中央でゼネリのラストパスを受け、ワントラップから左足で落ち着いて決めた。

 1-1で迎えた後半20分には、右サイドに開いたDFデンゼル・ダンフリースが17歳DFキク・ピエリーからのロングパスを受け、強引にドリブル突破。PA内右まで持ち運び、角度のない位置から右足でシュートを放つと、相手GKに当たったボールがネットを揺らした。

 2-1と逆転に成功したヘーレンフェーンは、その後の相手の反撃を抑え、リードを保ったままタイムアップ。小林は2試合連続のフル出場で勝利に貢献した。

●海外組ガイド

TOP