beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森岡亮太がシャペウ&CKで2点に絡むも…ベフェレンは2戦連続2-2ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2得点に絡んだMF森岡亮太

[1.27 ベルギーリーグ第24節 ベフェレン2-2ズルテ・ワレヘム]

 ベルギーリーグ第24節が27日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンはホームでズルテ・ワレヘムと対戦し、2-2で引き分けた。森岡は開幕24試合連続でスタメン出場し、90分間プレー。高い技術を発揮して2得点に絡んだが、チームは2戦連続のドローとなった。

 ベフェレンは前半11分に幸先よく先制する。相手CKのこぼれ球を自陣PA手前の森岡が拾うと、シャペウでマークをはがし、右サイドに大きく展開。受けたMFビクトリーン・アングバンがドリブルで運び、アングバンのスルーパスに走り込んだFWライアン・ムマエがPA内で相手GKに倒されてPKを獲得する。これをリーグトップスコアラーのFWイサーク・キーセ・テリンが沈め、今季13得点目で均衡を破った。

 しかし、後半に入るとアウェーのズルテ・ワレヘムが反撃。後半15分、右サイドからのFKをPA内中央でフリーとなったFWハムディ・ハルバウィが頭で力強く叩き込み、同点弾を奪取する。同20分には相手GKがミスキックしたボールを右サイドのMFオヌール・カヤが回収し、右足で正確なクロス。ファーから飛び込んだFWピーター・オラインカが前のめりのヘディングでゴール左に突き刺し、2-1と逆転に成功した。

 2試合連続の複数失点で敗戦が近づいてきたベフェレンだったが、後半36分に追いつく。左CKからキッカーの森岡が右足でニアにクロスを送ると、ムマエのヘディングがファーポストを叩き、跳ね返りに反応したDFマクシミリアーノ・カウフリーズが胸トラップから右足でシュート。飛び出した相手GKとDFに当たったものの、ゴール前にいたMFイェンス・コールスが右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。

 ベフェレンは後半42分にズルテ・ワレヘムのFKからPA内中央で混戦となり、ハルバウィに右足で蹴り込まれる。再びリードを奪われたかに思われたが、主審が副審との話し合いの末にジャッジを変え、オフサイドの判定で得点は取り消しに。そのままスコアが動かずに2-2で終了し、ベフェレンは辛くも勝ち点1を獲得した。

●海外組ガイド

TOP