beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

俺流レーシングデザイン!! プーマ新スパイク「フューチャー」結び方No.1は誰だ!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アッパー全体にシューレースを通すことができる

 プーマは2月1日、新スパイク「FUTURE(フューチャー)」の発売を開始した。アッパー全体にNETFITテクノロジーを採用することで、プレーヤーが自由にシューレースを通すことができ、それぞれの好みに合ったフィット感とデザインの調整が可能。結び方には無数のパターンがあり、各プレーヤーのプレースタイル、個性を表現することができる。

■足幅、プレースタイルで選ぶ


1、足幅が狭いプレーヤー向け
内側と外側から足を固定することで、スパイクの内部で足がスリップすることを防ぐ

2、足幅が広いプレーヤー向け
不要な締め付け感を取り除き、フィッティングに安定感をもたらす

3、ゴールマシーン
アシンメトリー(左右非対称)に通すことでキッキングエリアを最大化

4、ファンタジスタ
フラットなキッキングエリアで閃きや創造性のあるプレーを引き出す

5、スピードスター
内側と外側をクロスさせることで瞬時に加速するスプリントをサポート

小林悠(川崎F)



つま先から足首に向かうにつれて幅が広くなるように設定

キム・ジンヒョン(C大阪)



結び目を外側に位置させ、テープでまとめることでキックの妨げにならないように配慮

阿部浩之(川崎F)



シューレースをオレンジに変更し、つま先に近い位置から幅を広く設定

伊東純也(柏)



内側と外側の幅を大きく使って固定

車屋紳太郎(川崎F)



最後に紐を通す部分を足首の深い位置に設定することで、足首周りの安定性を向上

プーマフットボール公式Instagram「@pumafootball_jp」でも随時結び方を公開中!!

TOP