beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大久保先発の川崎F、ACL黒星発進…上海上港FWエウケソンが決勝点

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎FはACL黒星発進となった

[2.13 ACLグループF第1節 川崎F0-1上海上港 等々力]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は13日、グループリーグ第1節1日目を行い、2年連続6度目のACL出場となる昨季J1王者の川崎フロンターレはホームで上海上港(中国)と対戦し、0-1で敗れた。FWエウケソンが決勝点。川崎Fは最後までゴールをこじ開けられず、ホームでのACL初戦は黒星スタートとなった。

 川崎Fは公式戦初戦となった10日の富士ゼロックススーパー杯C大阪戦(2-3)から先発4人を変更し、FW大久保嘉人が左サイドハーフで復帰後初スタメン。負傷明けのMF大島僚太、DFエウシーニョが先発に復帰したほか、昨年のACL準々決勝第2戦浦和戦(1-4)で退場処分となったDF車屋紳太郎が出場停止となり、DF登里享平が左サイドバックに入った。
 一方、上海上港はかつて川崎FでプレーしたFWフッキやMFオスカル、FWエウケソンのブラジル人トリオ、ウズベキスタン代表MFアフメドフがスタメンに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 抜群の攻撃力を誇る両者の対決は慎重な入りから前半23分、上海上港が試合を動かした。左サイド深い位置でパスを受けたDFユー・ハイがクロスを入れ、エウケソンが胸トラップから右足で叩くと、GKチョン・ソンリョンの手をかすめたボールは左ポストを叩いてゴールネットを揺らした。

 川崎Fはなかなか流れがつかめず、苦しい時間帯が続いたが、前半33分に決定機。右サイドをオーバーラップしたDFエウシーニョが鋭いクロスを入れ、走り込んだMF中村憲剛が強烈ヘッド。決定的な形だったが、これはGKイエン・ジュンリンのビッグセーブに阻まれて同点弾とはならず、0-1で前半を折り返した。

 後半立ち上がりは上海上港が攻め込み、アフメドフ、エウケソンとつなぎ、オスカルがシュートを狙ったが、DF奈良竜樹が滑り込んでブロック。後半2分には小林からパスを受けたMF家長昭博がPA左手前からミドルシュート。パスワークから徐々に流れをつかんだが、なかなか相手の堅守を崩せず、攻めあぐねる展開が続いた。

 後半26分には大久保のパスを受けた家長がGKとの1対1から左足シュートを放ったが、シュートはゴール上ヘ。川崎Fは直後に最初のカードを切り、中村を下げてMF阿部浩之を投入。阿部は右サイドハーフに入り、大久保がトップ下に移った。対する上海上港は後半29分、スローインの流れからエウケソンが決定的な右足ボレーを放ったが、GKチョン・ソンリョンがビッグセーブで救った。

 川崎Fは後半35分に家長に代えてMF長谷川竜也、後半41分にはMFエドゥアルド・ネットに代えてMF守田英正を投入し、交代枠を使い切る。後半44分にはカウンターからドリブルで運んだ阿部のクロスを大島がボレーで狙ったが、最後までゴールをこじ開けられず、0-1のままタイムアップ。川崎FはACL黒星発進となり、公式戦2連敗を喫した。

(取材・文 佐藤亜希子)
●ACL2018特設ページ

TOP